2008年03月31日

【Douai】ゴムタイヤトラム開業9月に延期

フランス北部に位置するドゥエ(Douai)が,トラム(tram)として導入する
ゴムタイヤ式トラム,日本ではガイドウェイバスに分類されると思われる
フィリアス(Phileas)は,6/30の営業開始を目指していましたが,予定が
2か月遅れて早くても9月になることが,SMTDにより明らかにされました.
SMTD: Syndicat mixte des transports du Douaisis

遅れの理由は,土木工事ではなく,各種手続きに予想以上の時間を要して
いるからと説明されています.
当局が,このトラムウェイの営業運転を承認するには,3つの手続きが
必要とされています.いずれも安全に関するものですが,そのうち一つは
RATPの協力を得ているのだとか.難関は3つめのRSEと呼ばれる運行上の
安全規則?で,これに二週間前から着手しているものの,五ヶ月は掛かる
のだそうです.
RSE: règlement de sécurité d'exploitation

また,Phileasの特徴である磁気ビーコンにより誘導される,Frogと呼ば
れる走行ガイドウェイシステムを開発した会社が自己破産したこと?,
全く新しいシステムで他都市の例を参考にできないことなども,開業の
遅れに影響しているというように書かれています.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
30/03/2008 La mise en service du tramway est repoussée au mois de
septembre
(La Voix Eco ニュースへのリンク)
29 mars 2008 L'inauguration du tramway de Douai repoussée de 2 mois
(La Voix du Nord ニュースへのリンク)
この上の記事では,最後に詳細は翌日の記事を読むよう結んでいます.
その記事も紹介しておきますが,オンラインでは有料になっています.
30 mars 2008 La mise en service du tramway est repoussée au mois
de septembre
(La Voix du Nord ニュースへのリンク)

今月初めには,第一号の車両は2月末にドゥエに到着し,試運転が始まる
という報道もありました.
01.03.2008 Une rame du tram est arrivée à Douai pour sa période
d'essais
(La Voix Eco ニュースへのリンク)

試運転の様子を収めた映像もアップロードされています.
Evéole en test à Douai - 01 (Youtube へのリンク)

関連過去ログ: 2006/11/21 ゴムタイヤトラムのお披露目

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月30日

【ホノルル】ザ・ボート持ち直す?

先週,下院で運輸インフラ委員会(Transportation and Infrastructure
Committee)の議長をつとめる連邦議員が,ハワイ州を訪れました.
オアフ島では,高架の大量輸送機関が計画されている,島西部のカポレイ
(Kapolei)地区から,真珠湾を半周してホノルルのダウンタウンを経て,
ショッピングセンターでも知られるアラモアナ(Ala Moana)まで,計画
ルートに沿ってラッシュ時にヘリコプターで上空から視察したそうです.

その時の光景は,連邦政府が補助金を出そうとする全米中の計画の中で,
ホノルルのものは優先度が高いと,議員に印象付けるに十分だったよう
です.背後に山が迫る島という立地条件で,これ以上は一車線たりとも
ハイウェイを拡張できず,ラッシュ時には自動車が文字通り数珠つなぎに
なっていることを目の当たりにしたからです.

ワシントンDC郊外のダレス国際空港へのメトロレール延長計画よりも,
ホノルルの計画は優先順位は高いと聞いた市長は,喜んだそうです.
市議会から鉄道案への絞込みを拒まれ,依然としてバスか鉄道かが決定
できないことや,鉄道方式では予算超過が間違いないとか,ハワイ大学の
教授らが発表した研究結果でも,鉄道より安く効率のあがる方法がある
などと,連日のように新聞で報道され続けてきましたので,連邦からの
補助金が間近に見えてきたことは,救いになりそうです.

一方,大渋滞のハイウェイを少しでも緩和するべく,とは言っても焼け
石に水という程度にしかなりませんが,ホノルル市では真珠湾の入り口を
ショートカットする渡し舟の運行を昨年9月から行っています.

二艘でスタートするはずが,一艘のエンジントラブルなどでスタートが
つまづき,たとえば12月の利用人数は月間で二千人足らずと惨憺たるもの
でしたが,1月に入ってからは同4千人台,2月は5千人を突破して,今月も
上昇間違いなしとみられています.

ザ・ボート(TheBoat)と名づけられた船は,一年間の試験運行の色合いが
強かったのですが,ダイヤの見直しを図り,連邦からの補助金がなくなる
9月以降も地方から資金を賄い,2009年10月まで運航できる体制を整える
との発表がありました.

ザ・ボート(TheBoat)には,149人乗りの双胴船が使われます.
西オアフのカラエロア(Kalaeloa)地区バーバース・ポイント港(Barbers
Point harbor)と,ワイキキにも近く,観光客用ツアーバス等も発着する
アロハタワー(Aloha Tower)とを,途中ホノルル国際空港の沖合いや,
真珠湾の入り口近くを通り,1時間弱で結びます.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
公式サイト トップページ: TheBoat
(City and County of Honolulu 公式サイトへのリンク)

通勤客向けに,港までは専用の連絡バスが運転されます.そのバス代を
含めて片道運賃は大人$2です.補助金がなければ,毎日満席で運航された
としても,船だけで片道$25以上は経費が掛かっているそうです.
March 26, 2008 Mayor Pushes To Keep TheBoat Running
(KITV Honolulu ニュースへのリンク)
March 27, 2008 TheBoat tweaks its schedule
(Honolulu Advertiser ニュースへのリンク)

ホノルルの鉄道計画は,米国全体でみても優先度が高いという話.
March 28, 2008 Rail transit gets $900M promise
(The Honolulu Star-Bulletin ニュースへのリンク)

ハワイ大学の教授らが研究結果を発表していました.
March 26, 2008 UH professor offers alternatives to rail system
(Honolulu Advertiser ニュースへのリンク)
その中に,パールハーバー(Pearl Harbor)を短路するトンネルを掘れば,
エバ(Ewa)地区からホノルル国際空港近くまで,パールハーバーを大回り
する現在の一時間以上の所要時間が,十分程度に短縮できるというものも
あります.ザ・ボートでは,多少区間が異なりますが,やはり一時間近く
掛かっています.

関連過去ログ: 2007/9/20 ザ・ボート 9/17デビュー

前回,ザ・ボート(TheBoat)は通勤用に特化されているので,観光客の
利用には不向きと書きましたが,その後,回送便も客扱いされるように
なったらしく,アロハタワーからの往復利用も可能になっています.
公式サイトにある新しいダイヤでは,わざわざカメラ印のアイコンをつけ
観光客向けにアピールしているように見えます.
ちなみに,船内客室では無料の無線LANも使えますし,一部の座席近く
には,電源コンセントもありました.軽食なども船内で購入可能です.

ザ・ボート体験モデルルート?? (平日限定)
朝一番のアロハタワー発6:35のザ・ボートに乗船すると,とんぼ返りで
9時にはアロハタワーに戻ってくることができます.往復で$4になる船旅
は,時期によってはサンライズ・クルーズになるでしょう.
アロハタワーまでも,ワイキキから路線バス=ザ・バス(TheBus)で,出航
時間までにたどり着くことができます.乗継券を使えば,ザ・ボートの
運賃支払いは不要です.
ザ・ボートをカラエロア(Kalaeloa)で下船しても,接続するバスでカポ
レイ・トランジットセンター(Kapolei Transit Center)まで行き,そこで
マカハから来るエキスプレスバス(CountryExpress!)のC系統(Route C)に
乗り継げば,アラモアナに9時前後には戻ってくることが可能です.
こちらも乗継券を利用して往復4ドルで済みます.
順調に行けば乗り継げる8時にカポレイを出発するエキスプレスバスは,
ホノルルに向かうハイウェイH-1で,対向車線2つをつぶして設けられる
可動中央分離帯で仕切られたジッパーレーン(Zipper lane)を走ります.
その時間には本線でも比較的車が流れていますが,ジッパーレーンは3人
以上乗車している車両か,ハイウェイ経由の路線バスだけが走行を許さ
れてる車線ですので,空いています.

左: 日の出前のアロハタワーの桟橋に到着したザ・ボート,朝の第一便.
右: 出航直後の日の出.ワイキキとダイヤモンドヘッドがシルエットに.
TheBoat1.jpg TheBoat2.jpg

左: 船旅も終盤,マカハの山々とコオリナリゾートを望む海上をゆく.
右: カラエロアの桟橋で,手前の三角帽の屋根がバス停.
TheBoat3.jpg TheBoat4.jpg

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国南西部 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月28日

【コロンバス】入場料上乗せで市電を走らせる

市内だけで人口73万を超えるオハイオ州コロンバス(Columbus)で,その
ダウンタウンに導入が検討されている路面電車は,路線規模を当初計画
から縮小させながらも,市長が財源計画を明らかにしました.

2年前から話が出ていた通り,全市が対象となるような増税は行わずに,
沿線から手数料を徴収するという方式です.市長は言葉を選び,税では
なく,利用者手数料(user fee)だと説明しました.

これは,路上の駐車場料金に4%を上乗せするほか,市電が走る予定の沿線
6ブロック,いわゆるベネフィットゾーン(benefit zone)と呼ぶ区画に
ある施設などの入場料などにも,料金の4%を加算するというものです.
たとえば,コンサートや地元チーム(Columbus Blue Jackets)のアイス
ホッケーの試合などが行われるNationwide Arenaとか,野球のマイナー
リーグ3Aの地元チーム(Columbus Clippers)が試合を行うスタジアムも,
入場料に4%の手数料を上乗せする施設の対象です.
昨秋ライトレールが開業したノースカロライナ州シャーロットでは,当初
予想の3割増の利用客数がありますが,観戦客輸送も大きいようです.


これは利用者負担ともとれ,引換えに運賃を無料にするのかと思いきや,
そうではなく運賃は$1か$1.50が想定されている模様です.
その運賃収入と上の手数料収入などをあわせて,同市を南北に貫くHigh
Streetの路上に,2.8マイル(約4.5キロ)の併用軌道を敷くために必要と
される1億3百万ドル($103 million)や,年間運営費(450万ドル)を賄って
いこうとしています.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
March 27, 2008 Mayor proposes ticket surcharge to pay for streetcars
March 27, 2008 'Benefit zone' may finance scaled-back streetcar plan
(The Columbus Dispatch ニュースへのリンク)
二年前の計画から路線を縮小したのは,ハイウェイの分岐部分の再建が
影響しているらしいことが,上記記事から伺えます.

市長の計画に対して辛口の記事も出ています.
Mar 27, 2008 Downtown Streetcars: Who Will Fund The Project?
(NBC 4 WCMH-TV Columbus ニュースへのリンク)

関連過去ログ:
2006/9/08 市電復活の見積り明らかに
2006/8/19 路面電車復活への道を探る

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 米国北東部 I このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月27日

【インスブルック】低床車第一号営業運行へ

インスブルックに導入される初の100%低床車,Flexity Outlookモデル
(旧名Cityrunner)22本のうちの第一号が,本日3/27より旅客営業を開始
するとの報道が昨日ありました.
新車導入の話は聞いていても,すでに走っているのかどうかが,よく判ら
ないケースが多い海外で,こういった記事が出ることは助かります.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
26.03.2008 Ab Donnerstag fährt die neue Tram
(ORF ニュースへのリンク)

2本目も待機中とあります.この記事の中にはEuroまでに5本体制になると
読める部分がありますが,これはUEFA欧州選手権2008(Euro 2008)のこと
かもしれません.今年6/07から6/29にかけて,スイスとオーストリアが
共催する,サッカーの欧州王者を決める大会です.インスブルックでも
試合が行われるようです.

年末までに240万ユーロを投じて購入した22本が揃うとのことで,在来
車両と入替えられます.また,2008年1月に既報の通り,さらに10本の
導入が決まっています.

今回の低床車営業開始は,ルートや運営方法などが定まらない,同地域で
考えられているRegionalbahnの第一歩になるという記事もありました.
27.03.2008 Offene Fragen zur Regionalbahn
(ORF ニュースへのリンク)

関連過去ログ: 2007/10/19 初の低床車が引渡される

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | オーストリア このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月25日

【CAF】3種類の架線レス対応トラム開発中

架線なしでも走れる路面電車に関しては,現時点でアルストムが実用化の
面で一歩先んじています.日本でも取り組まれていますが,それはここで
紹介するまでもないでしょう.
隣国フランスのトラムブームと,架線を張らなくてもトラムは走れると
ボルドーで実証されたことなどにも触発され,スペインでも自国の車両
メーカCAFが,架線レス対応車両の開発を行っています.
CAF: Construcciones y Auxiliar de Ferrocarriles

セビリアのメトロセントロに関連する記事の中で,CAFの架線レス電車
開発の話が取り上げられました.実際にはスペインの鉄道雑誌が紹介して
いた模様です.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
24 de marzo de 2008 CAF estudia un sistema que permitiría un
tranvía sin catenarias por su trazado actual

(ABC Sevilla ニュースへのリンク)

これによれば,CAFではボルドーでの実用化を皮切りに,その後フランス
各地で導入が予定され,スペインでもムルシアが導入を考えているAPSと
呼ばれる第三軌条式の地表集電や,燃料電池というような,導入や保守に
多額の資金が必要とされる方式ではなく,次の3つが検討されています.

一つは,セビリアで考えられているバッテリーによる走行です.しかし,
これは走行可能距離が短く,耐用年数も短い?ことが弱点です.
そこで,CAFではフライホイールを二つ目の手段として考えています.
アルストムでもシタディス(Citadis)を使い,ロッテルダムで試験して
います.(記事ではアムステルダムになっています)
フライホイール(原文はvolantes de inercia)方式は,イルン(Irún),
リナレス?(Linares),サラゴサ(Zaragoza)などが検討中なのだとか.

この方法は充電時間が短く,2キロ程度でも架線なしで走れるそうです.
セビリアなら,現在運転されている区間全線の架線を撤去しても大丈夫
だとされていました.

最後の三つ目は,スーパーコンデンサによるものです.バッテリーとの
違いが明確ではありませんが,ドイツ・マンハイムの市電で試験されて
いると書かれています.何処かに紹介されていそうですけど,今回は探す
時間がありませんでした.


誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | スペイン語圏 I このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月23日

【モンペリエ】トラム3号線2009年着工へ

2006年12月に2路線目のトラムが開業したモンペリエ(Montpellier)では,
3本目の路線計画が立てられていて,2007年6月に公益宣言などと訳される
DUPという手続きを終えていました.
DUP: Déclaration d'utilité publique

そのトラム3号線は,今回最終的に承認されて着工ができるようになった
と,モンペリエの相互地方自治体(インターコミューン=l'agglomération
de Montpellier)が発表しています.これにより,延長22.4キロの3号線は
2009年には着工されて,2012年の開通が見込まれます.
投じられる予算4億5千万ユーロのうち,2億5千万ユーロはモンペリエの
インターコミューンが負担します.

トラム3号線では長さ40m級の車両23本が必要とされ,1号線と2号線で採用
されたアルストムの他,ボンバルディアやCAFも候補に挙がりました.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
21/03/2008 Feu vert pour la construction de la 3ème ligne de
tramway de Montpellier

AFPの記事 (LeMoniteur-expert.com ニュースへのリンク)

この記事によれば,2000年開業のトラム1号線は日に12万5千人を運び,
2号線は同5万人とあります.また,4キロか6キロ程度のトラム4号線の
構想もあるようです.

関連過去ログ: 2006/12/12 花柄模様のトラムが走る街

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月21日

【ホノルル】鉄道かバスか,ふりだしに?

ハワイ州オアフ島の道路渋滞緩和対策として,約38億ドルを投じて建設が
決まっている大量輸送機関は,高架上を走ることだけが決まっているもの
の,鉄車輪(と鉄軌道)かゴムタイヤ(と舗装路面)か,はたまたタイヤなし
(磁気浮上式)にするかのモードが,依然決まっていません.
五人の専門家からなる委員会が,2008年2月に鉄道方式を市に推薦した
ものの,それを受けて3/19に開催された市議会の決議では,他の方式も
引き続き検討という結果が出てしまいました.

委員会の推薦があり,また,1992年以降の米国で連邦政府が資金を出した
62の公共交通事業のうち九割を超える56が鉄道を選んでいることを挙げ,
鉄道を推す市長は,今回で決まらなかったことに失望の色を隠せません.

他のモードが生き残った理由の一つには,鉄道の騒音が一番高いと評価
されたことがあります.早朝から深夜まで,ひっきりなしに鉄道が走った
場合,高速走行する高架線の周辺は,土地の価値が下がるという懸念が
示されています.

カポレイ地区から,ワイキキに近くショッピングセンターでも知られる
アラモアナ地区まで,約20マイル(約32キロ)に及ぶ路線は,2009年着工と
最初の区間の開業を2012年に,アラモアナまでの到達は2017年に行いたい
とされてきました.モード決定は,早くても4月に予定される次の市議会
までありません.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
March 20, 2008 Council to rethink transit options
(Honolulu Advertiser ニュースへのリンク)
March 20, 2008 Council expands transit options
(The Honolulu Star-Bulletin ニュースへのリンク)

選任された五人の専門家による委員会は,鉄道方式が一番信頼性があり,
費用対効果も高いとして推薦しましたが,一方で一番うるさい方式である
ともしていました.それを取り上げた記事が,今月中旬に出ています.
March 11, 2008 Steel rail transit costs less, but it's noisier

(Honolulu Advertiser ニュースへのリンク)
FTAの情報によれば,鉄道方式の騒音源は,鉄製車輪と鉄製レールの相互
作用,車輪のきしみ,モータなどの制御装置やブレーキ関連装置,空冷
ファンなどとされ,列車の速度や長さにより騒音が大きくなることも紹介
しています.
また,鉄道線から50フィート(約15.2m)離れた場所の騒音は75デシベル
とみられること,同じ音量は5フィート(約1.5m)離れた電気掃除機や,
5千フィート(約1.52km)先の航空機で測定されるともあります.記事に
ある図では,50フィート(約15.2m)離れた加速中のバスが75デシベルで
あるかのようになっていますが,後に83デシベルに訂正されました.

ところで,生き残った候補の一つAdvanced Public Transport Systemsが
オアフ島で導入を目指すゴムタイヤ式トラムのフィリアス(Phileas)は,
フランス北部のドゥエ(Douai)で運転が予定されています.その第一号の
車両が2月末にドゥエに到着,その翌週から試運転が始まるという報道が
出ていました.
01.03.2008 Une rame du tram est arrivée à Douai pour sa période
d'essais
(La Voix Eco ニュースへのリンク)

関連過去ログ:
2008/2/23 鉄道かバスか,委員推薦決まる
2008/1/31 トランジットの車両候補出揃う
2008/1/02 鉄道かバスかの続編

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 米国南西部 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月19日

【トラムトレイン】英国で二年間の試験運行へ

英国初となるトラムトレイン(tram-trains)が,二年間の試験運行ながら
2010年から運転されることが明らかにされました.
5種類のトラムトレイン車両が,シェフィールド(Sheffield)から北に進む
Penistone Lineの在来車両と置き換えられて,比べられる模様です.
シェフィールドと言えば,1994年から運行を開始しているライトレールの
スーパートラム(Sheffield Supertram)があります.試験運行の第二弾は
その路線への乗入れも考えられているようです.

Penistone Lineは,ヨークシャーに展開する37マイル(約59.5キロ)の路線
で,シェフィールドからハダーズフィールド(Huddersfield)まで,途中
バーンズリー(Barnsley),ペニストーン(Penistone)を経由する線です.
現在,Northern Railが1時間ヘッドで列車を走らせ,年間120万人の利用
があるそうです.

トラムトレインもNorthern Railが運行し,英国の線路など鉄道インフラ
を所有管理するNetwork Railが,1500万ポンドを投じて軌道や駅などの
改修を行います.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
18 March 2008 Innovative 'tram-trains' to be trialed in Yorkshire
(Department for Transport ニュースリリースへのリンク)
2008/03/18 Tram-trains to get first UK trial
(BBC NEWS ニュースへのリンク)
19 March 2008 Tram-trains trial on rail line in region
(The Star ニュースへのリンク)

関連過去ログ:
2008/2/29 【ブラックプール】プレストンへのトラム構想
2007/6/11 【トラムトレイン】英国Network Rail社の計画

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 欧州(独仏西蘭伊以外) このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月17日

【ビトリア】11月にも低床車お披露目?

スペイン北部バスク自治州でビルバオ(Bilbao)に次ぐ規模の街,ビトリア
(Vitoria / Gasteiz=バスク語)では,2008年内の開業を目指した路面電車
(tranvía)が建設中です.
ビルバオの南66キロほどの内陸地に位置するビトリア(Vitoria-Gasteiz)
は,2007年時点の人口が23万に近づいていて,スペインで19番目の規模に
なります.ちなみに近年この地方で最初に市電を走らせたビルバオは,
同35万人を超えています.

今回,ビトリアがCAFから購入する11本の低床車のうち,1本が10月にも
ビトリアに到着して,11月から試運転を開始する見込みであることが,
明らかにされました.ビトリアの車両は,同じバスク州のビルバオを走る
CAF製路面電車の100%低床化版です.車両の長さは31.3m,定員180名の
うち座席定員は52,最高速度は時速70キロですが,実際には場所により
走行速度は同30キロから50キロに抑えられます.
CAF: Construcciones y Auxiliar de Ferrocarriles

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
16 marzo 2008 Vitoria probará su tranvía en noviembre
(El Correo Digital ニュースへのリンク)
四年間の保守を含めた車両の価格は11本で3340万ユーロとされ,それは
路線バスなら130台分を購入する金額に相当するのだとか.市民会館なら
2つ建てられるそうです.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | スペイン語圏 I このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月15日

【ブエノスアイレス】トラム延長計画が始動

ブエノスアイレス(Buenos Aires)のトラム(Tranvía del Este)延長計画に
進展がありました.

昨年2007年7月下旬,プエルト・マデロ(Puerto Madero)地区の約2キロに
満たない区間で開業している路線を,鉄道駅(Estación Retiro)方面への
北側と,南側へはLa Boca地区まで延伸するというもので,新設される
区間は5.2キロ.完成後の路線延長は6.8キロになる模様です.車両も,
15本を購入予定で,アルゼンチン政府が入札にかけました.

工期は半年,7千万アルゼンチン・ペソ(約2200万USドル)掛かります.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
14 Marzo 2008 El tranvía de Puerto Madero será ampliado hasta
Retiro y La Boca
(Clarín.com ニュースへのリンク)
14 de Marzo La Presidente destacó las obras en el tranvía porteño
(InfoBAE.com ニュースへのリンク)
14-Marzo-2008 Buenos Aires ampliará su tranvía con inversión de
22 millones de dólares

EFE (Terra España ニュースへのリンク)

関連過去ログ: 2008/1/22 開業半年後のトラム

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | スペイン語圏 I このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月13日

【バンクーバー】冬季五輪に市電復活デモへ

カナダのバンクーバー(Vancouver)で2010年2月開催の冬季五輪にあわせ,
将来の路線拡張をにらんだ市電の運転を再開する計画が,市議会により
承認されました.1.8キロの区間でデモンストレーションを行います.

区間は,市が所有する昔の電車を夏季期間だけボランティアが運転して
いる,Granville IslandからScience Worldまでの路線の一部で,やはり
冬季五輪に向けて建設が進んでいる,新交通システム仕様のSkyTrain新線
(Canada Line)に出来る,Olympic Station駅までとなります.

将来は,ダウンタウン方面への延長構想があり,そのためのデモです.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
March 11, 2008 Vancouver to rebuild Granville Island streetcar route
(CBC British Columbia ニュースへのリンク)
March 11, 2008 New streetcar line approved by city council
(CTV British Columbia ニュースへのリンク)

5月に運転が再開される,Downtown Historic Railway
(Transit Museum Society 公式サイトへのリンク)
このページにも,路線延伸計画があることが伺える地図が載っています.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 米国北西部 II このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月11日

【米国】公共交通機関利用者増加の立役者?

燃料価格の高騰で,移動手段を自家用車から公共交通に切り替える人が
続出し,公共交通機関の利用者数がうなぎ上りになっていることが報道
されるようになって久しくなります.2007年の数字をまとめたAPTAが発表
した統計が,再びそれを裏付けました.公共交通の利用は前年比2.1%増を
記録し,この半世紀の間で最大となりました.
APTA: American Public Transportation Association

さらにAPTAでは,公共交通機関の種別ごとの増加率を出しています.
それによれば,ライトレールの利用者数増加率が,2007年は6.1%で他の
乗り物を押えてトップになりました.この統計では,ライトレールの中に
近代的なストリートカーや,レトロ感覚の路面電車も含まれます.
そのライトレールの範疇の中でも,ニューオリンズが128.6%,デンバー
66.2%,セントルイス27.0%,フィラデルフィア26.2%,ケノーシャ18.5%
という都市圏ごとの数字もありました.
ケノーシャ(Kenosha)の増加率の高さは興味深いです

ライトレールの次に利用者数の伸び率が高かった種別は,コミューター
レール(Commuter rail)と呼ばれる範疇でした.平均5.5%の伸びを示して
います.地下鉄はその次で3.1%,バスは1.0%でした.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
March 10 , 2008 10.3 Billion Trips Taken On Public Transportation
Ridership In 2007
(APTA 公式サイトへのリンク)

地域によっては,全米平均を大きく上回る増加を示したところもあり,
2009年にライトレールが開業した後の期待が高まります.
March 10, 2008 Sound Transit ridership rose 12.5% in 2007
(Seattle Post Intelligencer ニュースへのリンク)
シアトルを中心とした都市圏では,ハイウェイ経由のエキスプレスバス,
コミューターレイルなどが,増加率を押し上げたようです.特に後者は
収容力が大きく,推測ですが,その増発が効果大だったのかも.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | 米国北西部 II このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月09日

【カリフォルニア州】州債からの資金提供

2006年11月のカリフォルニア州の州民投票で,60%を超える賛成票を獲得
して成立した総額199億ドル超の交通債から,州内106の公共交通計画に
対し,3億9400万ドルの資金提供を行うと,州知事が金曜日(3/07)に発表
していました.

この交通債はCalifornia Proposition 1Bと呼ばれ,正式には,Highway
Safety, Traffic Reduction, Air Quality and Port Security Bond Act
of 2006という名称で,混雑緩和や大気汚染軽減のための道路整備や,
橋脚などの耐震性強化,公共交通の拡大などを主な目的とする州債です.
その州債からは,今回が初めての都市交通に対する投資になるそうです.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
07 March 2008 Governor Schwarzenegger Announces $394 Million for
Transit Projects
(Imperial Valley News ニュースへのリンク)

対象となる計画のうちの鉄道関係には,ベイエリアのBARTがあります.
BART: Bay Area Rapid Transit
サンフランシスコとオークランド間の海底トンネル(Transbay Tube)は,
BART建設当時には最高の耐震性能を備えていると信じられてきましたが,
強化が必要との近年の調査結果を受け,2年前から耐震強化工事が2010年
完了を目指して行われています.3億4千万ドルと見られる工事費のうち,
2400万ドルが拠出されることになりました.
March 7, 2008 BART tunnel retrofit gets state bond funds
(San Francisco Chronicle ニュースへのリンク)

サクラメントでは,36本のライトレール車両をリビルドするとあります.
開業時の1986年から投入されてきたSiemens-Duewag製U2Aタイプの26本と
1991年に増強された同型の10本が対象でしょう.耐用年数の30年を全う
出来るようにするものです.Sacramento Regional Transit Districtには
その他への分を含めて700万ドルが配分されます.
March 7, 2008 RT lands state bond cash to rebuild rail cars
(Sacramento Business Journal ニュースへのリンク)

ロサンゼルス地区では,建設中のライトレールや,CNGバス購入,混雑の
激しいウィルシャー通り(Wilshire Boulevard)に12マイル(約19.3キロ)の
バス専用レーンを導入する計画などに,1億7100万ドルが配当されます.
March 7, 2008 12 Miles Of Wilshire Bouleverd Will Have Bus-Only Lane
(NBC4 Los Angeles ニュースへのリンク)

最後に,ロサンゼルスからサンディエゴへ向かう途中のオーシャンサイド
(Oceanside)と,内陸のエスコンディード(Escondido)を結ぶ,ドイツ製
ディーゼルカーによる22マイル(約35.4キロ)のライトレールにも,860万
ドルが配分されることになりました.
March 8, 2008 NCTD gets first installment of Prop. 1B cash
(North County Times ニュースへのリンク)

当初予算から1億ドルも超過した,SPRINTERと呼ばれるライトレールは,
昨年末に開業式典が行われたものの,一般旅客を乗せる営業運転は,この
日曜(3/09)早朝から開始されることになっています.
March 8, 2008 Sprinter ready to run at last
(San Diego Union Tribune ニュースへのリンク)
これは前夜に出た記事ですが,内容が詳細ですので紹介しておきます.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 米国ベイエリア このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月08日

【ムルシア】中心部の架線レス化が明らかに

2年間は運賃無料のトラム試験路線を2007年春に開業させた,スペイン
南東部のムルシア(Murcia)では,昨秋にも路線拡大構想を市長が発表して
いましたが,市政を運営する委員会?(Governing Board)が,その仮設計を
承認して,2008年内の着工,2010年開通に向けた計画が前進しています.

現在の約2キロの試験路線区間を含むトラム1号線は16キロに延長され,
ムルシアの北部と中心部を結ぶ路線に成長することになります.予測では
一日2万7千人が利用するとみられ,2015年には同3万4千人になるだろうと
されています.
このトラム1号線の着工と時を同じくして,残る3路線の構想も予備調査に
着手することになりそうです.

仮設計では方法など詳細は明らかにされていませんが,現在試験路線の
起点に近い,英語風に言えばサークル広場になるPlaza Circularでは,
架線を張らずに電車を走らせることになっています.

市の発表とほぼ同じ内容が掲載されているサイト:
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
6 de Marzo del 2008 El tranvía supera una nueva etapa
(Teleprensa ニュースへのリンク)

市の発表は,下記リンク先からPDFファイルで見ることもできます.
Fotografías de Gabinete de Prensa 06/03/2008 El tranvía supera
una nueva etapa

(Ayuntamiento de Murcia 公式サイトへのリンク)
このページの画像を拡大すると,ボルドーをはじめフランスで採用されて
いるAPS方式による架線レスと思われる絵が背景に写っているのを,垣間
見ることができるでしょう.
APS: Alimentation par le sol

例によって記事は山ほど出ています.比較的最近のものだけ紹介します.
07.03.08 Las obras de la línea 1 del tranvía incluirán la
construcción de 3 puentes
(La Verdad ニュースへのリンク)
07 de marzo de 2008 El norte de la ciudad estará dos años en
obras por el tranvía
(La Opinión de Murcia ニュースへのリンク)
06.03.2008 Ya está en exposición pública la ampliación del
tranvía de Murcia
(20 minutos ニュースへのリンク)

関連過去ログ: 2007/10/01 【ムルシア】【テネリフェ】路線網拡張へ

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | スペイン語圏 I このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月06日

【スコッツデール】バレーメトロに参加

世界的なリゾート地で知られるアリゾナ州スコッツデール(Scottsdale)
市が,フェニックス首都圏の公共交通を担う,ヴァレーメトロ(Valley
Metroに加入することになりました.ライトレールのグループに参加とも
メディアが紹介しています.

だいぶ前に取り上げているように,スコッツデールでは南北を軸とした
大量輸送機関(high capacity transit)が必要とされながら,軌道交通に
対する根強い反対があります.2007年には人口24万を超えた今でも変わり
ないようで,Valley Metroへの加入を警戒する向きもあり,加入の是非を
問う市議会の投票では,賛成反対が4対3の僅差でした.昨年12月の段階で
Valley Metro加入は合意がなされていたはずですが,それから反対派が
2人増えたようです.

これまでスコッツデールにValley Metroのバスが走っていなかった訳では
ありません.Valley Metroのメンバーになっていなかっただけでした.
メンバーになることで,初めて路線延伸などの際に行われる調査対象の
地域となるようです.Valley Metroに参加している自治体は6つあり,
スコッツデールは7番目ということになります.加盟には年間5万ドルが
必要なのだとか.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
March 4, 2008 Scottsdale joins light rail group
(East Valley Tribune ニュースへのリンク)

そもそも,Valley Metroとは,英語版Wkipediaに詳細が記されています
が,ブランドだけで,実際の路線バスなどは沿線自治体が運営し,その
自治体と契約した会社が,実際の運行を行っています.
例えば,スコッツデールの西隣のフェニックス(Phoenix)市は,Veolia
Transportationに運行を委託させています.自治体が運営を行わずに,
RPTAという組織が行っている地域もあります.
RPTA: Regional Public Transportation Authority

スコッツデール市内へ乗り入れる路線は,テンピ(Tempe)市が運営して,
契約により実際の運行を受け持つVeolia Transportationのバスが多い
ようです.(その他にも市が運営するトロリーなどもあります)

同じ地域に展開する,これら複数の運行事業者による路線バスなどを,
Valley Metroという名前のもとに統一することで,効率的なサービスを
提供し,利用者の混乱を減らしているのでした.

言うまでもなく,Valley Metroではフェニックス,テンピ,メサを結ぶ
20マイル(約32キロ)のライトレール路線を,2008年12月の開業目指して
建設中です.既に,その路線を足がかりにして,路線網を広げる構想も
検討されているところです.

先月,フェニックスのスカイハーバー空港で乗継する機会がありました.
雲一つない晴天で,着陸間際には地上の様子も手に取るように見えます.
スコッツデールを遠方に望み,着地寸前には眼下にメトロライトレール
(METRO Light Rail)の車庫が見え,近畿車輌製LRVもいたのではないかと
思われる側とは反対の座席でしたが,メサやテンペ市街の様子が伺え,
路上にライトレールの軌道敷がはっきりと確認できました.
その時点で開業まで10か月余り,一部工事中が残っているようですが,
上空から見る限り,いつ電車が走ってきてもおかしくない様子です.着陸
最終態勢で電子機器の電源が入れられず,残念ながら画像はありません.


関連過去ログ: 2006/9/21 LRTは生活の質を落とす?

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国中部 I このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月05日

【ワシントンDC】地下鉄ロングシート化断念

ラッシュ時の混雑緩和を目的に,メトロレール(Metrorail)車内の座席を
ロングシート(bench seating)にすることを,WMATAでは検討していました
が,この月曜にロングシートは導入しないという決定を下したそうです.
WMATA: Washington Metropolitan Area Transit Authority

WMATAは,その他の試験要素を含む,実験的な車内レイアウトの車両を
投入して乗客の様子などをみてきましたが,今のクロスシートをロング
シート化しても,思惑通りにスペースが空かないことが判ったのです.

米国東海岸の主な地下鉄では,ニューヨークのようにロングシートが主流
ですが,ワシントンDCは開業時期が1970年台と遅かったこともあるのか,
西のBARTと並び,絨毯敷きの床にクロスシートという地下鉄とは思えない
豪華な内装が際立っていました.
BART: Bay Area Rapid Transit

もう一つの特徴になっているじゅうたんは,撤去するかどうか,引続き
検討されるようです.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
Mar 4, 2008 Metrorail to ditch idea of bench seating
(The Examiner ニュースへのリンク)

関連過去ログ:
2006/5/15 地下鉄カーペット撤去?
2005/11/04 地下鉄の座席配置見直し

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国北東部 I このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。