2008年07月19日

【マルセイユ】新トラム開業一年で公営化

フランスでは,民間の公共交通請負企業が自治体に代わって公共交通の
サービスを提供して対価を受け取るコンセッション方式や,官民が共同で
公共交通を運営する第三セクターの企業体を設立する方式が主流ですが,
マルセイユほど規模の都市で,その都市交通の運営を年々減少傾向にある
公営企業(EPIC)が直営で行っているところは,フランスでも稀です.

マルセイユでは,マルセイユ市の管理下(2000年にマルセイユ都市圏の
自治体共同体MPMが誕生してからはMPMの管理下)にあるRTMが,メトロや
路線バスと,かつてのトラムを運営してきました.
RTM: Régie des transports marseillais
MPM: Communauté urbaine Marseille Provence Métropole
EPIC: Établissement public à caractère industriel et commercial

しかし,2004年に旧トラム路線が工事運休に入る頃,2007年7月に生まれ
変わった新生トラムは,まだ影も形もありませんでしたが,その運営は,
RTMだけには任せない方針を,MPMの代表が打ち出します.EUが求める競争
原理が働く入札の形で,最良の選択を図ろうとしたのです.

その入札に応じたのは,RTMと当時のConnex(現在のVeolia Transports)と
いう官と民が共同で設立したLe Tramだけでしたが,フランスの内外で
豊富な軌道系都市交通の運営経験を持つConnex(現Veolia Transports)の
経営手腕が期待されました.

MPMとLe Tramの公共サービス委託(DSP)契約は8年間で,RTMがLe Tramの
51%を所有します.ヴェオリア(Veolia Transports)は,トラム運営の
財政的リスクをRTMとともに負いますが,Le Tramの収入の半分を受取り,
役員を三人派遣します.生まれ変わるトラムは,既存のメトロ(地下鉄)や
路線バスと統一した運賃体系を採用し,RTMの路線網に組み込まれます.
DSP: Délégation de service public

ところが,2007年7月に開業したトラムの建設費は税収で賄われたのに,
Connex(現Veolia Transports)は無競争で収入の半分を得て,RTM路線網の
整備などに資金が回らなくなるなどが問題視されたり,公共交通の民間
企業への外注化(DSP)への反対運動が高じて,RTMの組合が2005年9月から
一月半という異例の長さの長期ストライキを敢行するといった反応があり
ました.それでもMPMは,新生トラムの開業に先立つこと一年前,2006年
7月にはLe Tram(=RTMとヴェオリア)との契約を承認します.

しかし,話は行政裁判所に持ち込まれ,マルセイユの新しいトラムが開業
した数日後には,行政裁判所はトラム運営を委託するMPMの決定(DSP)を,
続いて2007年12月には,2006年7月のMPMとLe Tramの契約も,無効とした
のでした.
2008年2月にはMPMが控訴しないことを決めたことから,7/18にトラムは
完全にRTMの掌中に収まり,2004年以前と同様に,そしてメトロやバスと
同様に,100%公営に戻った形となりました.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
16/07/2008 Le tramway de Marseille reviendrait dans le domaine
public
AFP (Moniteur ニュースへのリンク)
17 juillet 2008 le tramway pourrait revenir dans le public
(La Provence ニュースへのリンク)
18 juillet 2008 Le tramway de Marseille dans le domaine public
(Marseille Evous ニュースへのリンク)

関連ログ:
2007/7/01 復活したトラムが営業を開始
2006/7/15 新トラム運営にVeolia参入へ

追記: 2008-07-23
2004年1月までは,トラム68系統としてPCCカーが走っていたシャーヴ
通り(Boulevard Chave)は,通りの装いも新たに,2007年11月から
低床車が走りはじめましたが,トラム68系統時代に接続していた
メトロのノアイユ(Noailles)駅へ通じるトンネルの改造工事が遅れ,
ノアイユへの接続はシャトルバスに頼っていました.

車両限界が大きくなった低床車を断面積の小さいトンネルに通すため
単線化された区間は,2008年秋の完成と伝えられてきましたが,7/22
から試運転電車が走り始めたという報道がありました.
22 juillet 2008 Les essais du tramway au tunnel Noailles.
(La Provence ニュースへのリンク)

9/15にはノアイユ(Noailles)駅への低床車乗入れが開始される模様です.
その際には運転系統の建て替えも行われます.
現在は,
Les Caillols - Euroméditerranée Gantès
SainteThérèse - Eugène Pierre
これが,
T1 : Les Caillols - Noailles
T2 : Euroméditerranée Gantès - Blancarde Foch
となります.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【マルセイユ】ノアイユへトラム乗入れ開始
Excerpt: 2007年7月に,マルセイユのトラムは路線網を大幅に拡張し,車両も全て 100%低床車に入替えられて生まれ変わり,新開業から1年後の今年夏の 時点では,一日4万人の利用があるそうです. その新しいトラ..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-09-29 19:00

【マルセイユ】公共交通機関の運賃を無料に?
Excerpt: フランスでも,公共交通の運賃を無料にしようという提案があるという話 です.Rue89という,昨年誕生したオンライン専門のニュースサイトに, マルセイユでの実施を訴える記事がありました. (Rue89の..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-10-31 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。