2008年09月17日

【ベルリン】Flexity Berlinは,街中のICE

今週末に公開されるベルリン期待の新型路面電車(Flexity Berlin)は,
秘密裏にボンバルディアの工場があるザクセン州バウツェン(Bautzen)
から,先週トラックで未明のベルリン市内に運びこまれていました.
今週にはいってからは,40mに及ぶ長い車体をくねらせ,夜な夜な街中の
Alexanderplatzで,関係者だけを乗せた試運転が行われていることを,
一般紙までもが報じています.

期待が高まっている様子が伺えますが,先代の100%低床車が量産品だった
のに対し,今度の新車は特注なので,鼻高々のようです.BVG担当者は,
これは街中のICEだと言ったそうですが,ICEは,言わずと知れたドイツの
高速鉄道車両のことです.

第一号の8001号車は,今はマルツァーン(Marzahn)の車庫に居るものの,
公式写真はまだですし,昼間は姿を見ることも出来ないようで,9/19の
お披露目と,その後の週末に予定されているAlexanderplatzでの一般公開
までは,ファンがアップロードしている画像があるものの,基本的には
一切お預けです.

先週のバウツェンからの輸送も,これまでのルートから変更されたため,
待ちぼうけになったファンもいた?とか.もっとも,ルート変更は事故に
よるもので,意図的なものではなかったそうです.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
17 September 2008 Nachts geht die neue Straßenbahn heimlich auf
Tour
(Berliner Morgenpost ニュースへのリンク)
WELT ONLINEでも配信されたこの記事は,Flexity Berlinの特徴などを
詳細に紹介しています.その中には,回生ブレーキの採用や,車体素材に
高価ながら堅牢で保守も容易な特殊鋼(Edelstahl)を,使っていることも
記されていました.

次の記事にも,深夜の試運転をとらえた画像が載っています.
16.09.2008 Beim heimlichen Testbetrieb erwischt Hier fährt
Berlins neue Tram
(Bild.de ニュースへのリンク)
15.9.2008 Geheime Testfahrt auf dem Alex
(Tagesspiegel ニュースへのリンク)
マルツァーンの車庫に搬入された翌日の記事:
2008 10. September Fotos verboten! Neue Bahn soll ein Geheimnis
bleiben
(Berliner Zeitung ニュースへのリンク)

9/20にAlexanderplatzで一般公開される案内が,出ていました.
17.09.2008 Die neue Straßenbahngeneration für Berlin
(BVG プレスリリースへのリンク)
他の街では,あまり前面に出てこないメーカーのモデル名ですが,ここ
ベルリンでは「FLEXITY Berlin」が,一般向け案内にも使われています.

【ベルリン】Flexity Berlin 関連ログ:
2008/8/19 Flexity Berlinは10月からM4で?
2008/5/30 9月にFlexity Berlinお披露目へ
2007/4/14 Flexity Berlin 詳細明らかに

ついでに紹介するのが,果たしてふさわしいかどうかは判りませんが,
ボンバルディアのFlexity Swiftが採用された,フランクフルト(マイン)
VGFの新型車両U5タイプは,先週から営業運転を開始しています.
11. September 2008 Am Freitag: "U5" erstmals im Fahrgast-Betrieb
(VGF: Verkehrsgesellschaft Frankfurt am Main 公式サイトへのリンク)

こちらのほうは,紹介する記事を見つけられませんでした.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(3) | TrackBack(2) | ドイツ II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
夜景の中に泊まってきたParkInnがしっかり見えました。既に想像図は出回っていたのですが実物は格別でしょうね。しかしデザイン的にはオーソドクスでもう少しサプライズが欲しかったですね。
Posted by H.Usui at 2008年09月19日 11:51
初めまして。
すばらしい情報量のブログですね!

フランクフルト在住です。
久しぶりにU-Bahnに乗ったら、新車!
U5(603A)でした。
タイプは25mの2車体3台車のU5-25。

VGFによれば現在2単位(602, 603)が運用開始、146単位が納入を終わるのは2015年になる予定。
2011年には50mタイプのU5-50が46単位導入開始。
ということは-25が100単位でしょうね。

↓はVGFの車両案内。
http://www.vgf-ffm.de/vgf/500.jsp
Posted by 野田一郎 at 2008年10月28日 02:53
コメントへの追加です。
フランクフルト交通局から返答がありました。

U5-50は単に2単位のU5-25を短縮連結する。
分割すればU5-25として個別運用可能。
発注数はU5-25を146単位,そのうちの92単位は短縮カプラー仕様で、46単位のU5-50として使用。

U5-25, -50の導入によって古いU2型を順次淘汰予定。

という事で,146単位と100単位の意味が分かりました。
Posted by 野田一郎 at 2008年10月30日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106708296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ベルリン】Flexity Berlin 99本発注へ?
Excerpt: ベルリンのBVGは,現在は量産先行車を4本だけ営業運転に投入している ボンバルディア製の特注低床車(Flexity Berlin)を,99本だけ発注する 見込みであることを,地元紙が明らかにしました...
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-06-15 12:00

【ベルリン】Flexity Berlin 40m車は40本に
Excerpt: BVGが正式に次期低床車(Flexity Berlin)の99本購入を発表しました. 去る6/29に開かれた監事会(Aufsichtsrat)の決定を受けてのものです. 価格は最大3億0530万ユーロ..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-07-01 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。