2008年09月29日

【マルセイユ】ノアイユへトラム乗入れ開始

2007年7月に,マルセイユのトラムは路線網を大幅に拡張し,車両も全て
100%低床車に入替えられて生まれ変わり,新開業から1年後の今年夏の
時点では,一日4万人の利用があるそうです.
その新しいトラムで開業が先送りされた区間が,旧路線のターミナルで
メトロとの乗換駅だったノアイユ(Noailles)駅への乗入れです.それが
9/28(日)始発電車から開始されました.それに先立ち9/27の午後,生まれ
変わったノアイユ駅の新トラム乗り場で,記念式典も行われています.

つい先ごろまでは,9/15再開予定とされてきましたが,それが一週延ばし
になり,更に一週間延びて,ようやく9/28営業開始となった次第です.
今回の延長は僅かな距離ですが,これによりマルセイユのトラム二系統は
再編成されて,次のような運行形態になります.
T1: Noailles - Les Caillols
T2: Euroméditerranée Gantès - Blancarde Foch
両路線の接続は,停留所名称こそ一致しませんが,
T1=Noailles & T2=Canebière Garibaldi
T1=Blancarde Chave & T2=Blancarde Foch
これら2か所で,それぞれ徒歩連絡可能な距離で結ばれています.

T1は,旧トラム路線の68系統を受け継ぎ,区間を延長した形になります.
2007年7月の時点でも,開業した新路線の東端から中心部に近いノアイユ
へは路線がつながっていましたが,大回りでした.今回の直結で,所要
時間は起終点間で22分になり,それまでより25%短縮です.これにより,
一日1万人の利用者増が期待されています.

ノアイユへの乗り入れ再開が新しいトラム網の中で後回しになったのは,
最後の630m区間にある旧路線の68系統時代から使われていたトンネル改修
工事のためでした.難工事だったというより,入札がうまく行かなかった
ようです.2年を要した工事費は,結局1500万ユーロでした.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
路線再編で新しくなった路線図と時刻表へのリンクがある公式案内:
Le lancement de Noailles est prévu pour fin septembre
(Le Tram - Véolia - 公式サイトへのリンク)

29.09.2008 Retour du tram sous le tunnel Noailles
(20 Minutes ニュースへのリンク)
28-09-2008 Le tramway voit le bout du tunnel
(Metro France ニュースへのリンク)
先週末に出ていた記事: 26-09-2008 Le tram voit le bout du tunnel
(La Marseillaise ニュースへのリンク)
式典の様子など: 27 Sep 2008 Ignauguration de la station Noailles
(Forums Linéoz へのリンク)

旧68系統時代には複線だったトンネル内は,単線に敷き直されています.
9/26付けLa Marseillaiseの記事に理由が記されていますが,低床車の
車体幅のことには触れられてなく,アスベスト除去や,空調と避難設備の
導入により,困難なトンネル内の幅を拡張しない限り,複線の維持は無理
だったことから,やむを得ず単線化したようです.

左は,工事中のトンネル入り口(2007年7月撮影),
右は,2007年12月時点のEugène Pierre(トンネルの一つ手前の停留所)
MarseilleEugenePierre1.jpg MarseilleEugenePierre2.jpg

マルセイユのトラムは,メトロや路線バスのように公営化されることが
決まっていますが,車体にRTMの文字が入るのは,11月以降だそうです.
RTM: Régie des transports de Marseille

9/28付けのMetro Franceには,T2の延長計画と,途中に停留所を新設する
話も載っています.後者は,中心部の目抜き通りのラ・カヌビエール通り
(La Canebière)とブルスンス通り(Cours Belsunce)の角で,現在の停留所
名で言えば,T2のCanebière GaribaldiとBelsunce Alcazarの間です.
ちょうど港に向かってくるトラムが,旧港地区を目前にして,北に曲がる
ところでしょう.旧港地区への最寄の停留所がないのが不思議がられて
いました.将来は,ここからトラムT3号線も分岐する予定ですが,T3は
未だ協議中? とのことです.

画面左奥がマルセイユの旧港ですが,その手前でトラムは曲がります.
MarseilleCanebiereBelsunce1.jpg MarseilleCanebiereBelsunce2.jpg
カヌビエール通りのブルスンス通りとの交差点付近で,開業直前の2007年
6月撮影.

このラ・カヌビエール通りは,歩道のすぐ脇,車道との間にトラム軌道を
割込ませる形でレールが敷かれている,いわゆるサイド・リザベーション
ですが,ここでの徐行運転が,計画当初の運転所要時間を長引かせる結果
になっているそうです.

【マルセイユ】トラム関連ログ:
2008/7/19 新トラム開業一年で公営化
2007/7/01 復活したトラムが営業を開始

追記:
ラ・カヌビエール通りとブルスンス通りの角から,Castellane
(6区にあるメトロ1号線と2号線の乗換え駅)と,4 Septembre
(マルセイユ7区)へ,それぞれ二股のようにわかれて伸びる予定
だったトラムT3号線計画は,一時凍結になってしまいました.

代わりに,メトロの末端駅と? 北はSeptèmes地区までと,南は
Luminy地区までを結ぶ,専用レーンを有するBusWayの導入が,
検討されることになる模様です.

13/10/2008 Tramway gelé, bus-way créés
(20 Minutes ニュースへのリンク)
6 octobre 2008 Tramway : un projet totalement gelé
(La Provence ニュースへのリンク)


誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107324953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【マルセイユ】公共交通機関の運賃を無料に?
Excerpt: フランスでも,公共交通の運賃を無料にしようという提案があるという話 です.Rue89という,昨年誕生したオンライン専門のニュースサイトに, マルセイユでの実施を訴える記事がありました. (Rue89の..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-10-31 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。