2008年10月20日

【ヴァランシエンヌ】トラム2号線はゴムタイヤで?

2006年夏にトラムを復活させたヴァランシエンヌ(Valenciennes)では,
2007年にも,その第二期となるトラム1号線延長を果たしてきましたが,
トラム2号線(第三期)と,その延長区間(第四期)は,鉄車輪によるトラム
ではなく,SITURVは,専用走行路を走るゴムタイヤ式トラムを考えている
模様だという報道が,先週末に飛び込んできました.
SITURV: Syndicat intercommunal pour les transports urbains de la
région de Valenciennes

トラム2号線は,ヴァランシエンヌから北のヴュー・コンデ(Vieux-Condé)
までの約13キロ(第三期)と,ヴァランシエンヌから北東に伸び,ベルギー
との国境を超えた先のクィーブラン(Quiévrain)までの約17キロ(第四期)
で,地図上で見れば,北を上にしたU字型の路線になりそうです.

ゴムタイヤ式トラムには,Valwayという名前まで付けられていて,その
実態は,光学式ガイドウェイ装置と補助の発電機を持つ電気バスのよう
です.定員は鉄軌道のトラムの180名より少ない130名,車体幅がトラムの
2.40mより幅広の2.55mになることから,専用走行路の幅もトラムの4.30m
より広い4.50mで建設する必要があるとか.
記事に掲載されているイラストは,トロリーバスのように見えますが,
補助電源搭載で架線のない場所も走れるそうです.

さて,ゴムタイヤ式に切り替えようとする肝心の理由は,はっきりと解読
できないのですが,実現化の近道であることや,財政危機とかプランBと
いう言葉が記事に載っています.ゴムタイヤ式トラムで,7千万ユーロを
節約するようです.
また,トラム2号線は単線で計画されていて,安全上の問題からという
ようなことも,記事に記されています.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
19.10.2008 Un tramway non plus sur rail, mais sur pneus pour
la ligne 2 : Valway !

19.10.2008 Les arguments qui plaident en sa faveur
(La Voix du Nord ニュースへのリンク)

今回の報道によれば,トラム2号線のうち第三期区間は2009年9月の着工が
予定され,2011年に開通の見込み,ベルギーへの越境トラムとなる第四期
区間は,2010年6月着工の2012年開通見込みとなっています.

【ヴァランシエンヌ】関連ログ:
2007/9/04 【ヴァランシエンヌ/クレルモン=フェラン】延長
2007/6/05 トラム ベルギー進出へ

光学式ガイドウェイのバスと言えば,フランスでもルーアンのTEORや,
クレルモン・フェランのLéo 2000(Ligne B)などで見られるそうですが,
どちらの街もトラムも走っています.(クレルモン・フェランのトラムは
トランスロールです)

国外ではこの夏,スペインのカステリョン・デ・ラ・プラナ(Castellón
de la Plana)のTVRCasが,営業運転を開始しました.その他イタリアの
ボローニャでも計画されていますが,こちらはどうやら,反対派により
運転開始がもたついている模様です.
カステリョンとボローニャは,フランスの二例とは異なり,トロリーバス
です.トラム2号線でヴァランシエンヌも,この仲間入りでしょうか.

いずれも車両は,イリスバス(Irisbus)製のCivis,Cristalis,Agora Lが
導入され,カステリョン以外は連接バスです.イリスバスのサイトでは,
Civisにトラムウェイという冠まで付いていました.
* Trolleybus Cristalis
* Tramway Civis
(Irisbus 公式サイトへのリンク)
Véhicule: IRISBUS Cristalis
Véhicule: IRISBUS Civis
(TRANS'BUS へのリンク)

フランスでは,他にもゴムタイヤトラム導入を検討中の地域があります.
ニースに程近い地中海沿岸のアンティーブ(Antibes)と,少し山側に入る
テクノパークのソフィア・アンティポリス(Sophia Antipolis)を結ぶ,
やはり専用走行路を走るトラム計画です.

15 octobre 2008 La CASA pose le premier jalon d’un TCSP entre
Antibes et Sophia
(Sophia Net ニュースへのリンク)
15 octobre 2008 Antibes : Un tramway dans 5 ans entre le centre-
ville et Sophia ?
(Nice-Matin ニュースへのリンク)
CASA: Communauté d'agglomération de Sophia Antipolis

地形の問題で登坂性能に優れるゴムタイヤが考えられている模様ですが,
車種までは不明です.

一方,マルセイユではトラム3号線計画が凍結され,その代わりにBusWay
導入が検討されることになる見通しです.
このBusWayは,専用車線を有するBRTで,トラム3号線の予定区間に導入
されるわけではなく,郊外への路線になる模様です.

【マルセイユ】関連ログ: 2008/9/29 ノアイユへトラム乗入れ開始

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。