2008年10月26日

【クリーブランド】BRTで沿線に経済効果

オハイオ州クリーブランド(Cleveland)で,BRTの新路線が開業しました.
BRT: Bus rapid transit

人口48万に迫るクリーブランドには,すでにRTAが運行するThe Rapidと
呼ばれる電車(地下鉄)やライトレールなどが走っています.
RTA: Greater Cleveland Regional Transit Authority

今回開業したBRTは,両端で東急車輛製造ステンレス製電車が走る地下鉄
レッドライン(Red Line)の駅に接続する,全長7.1マイル(約11.3キロ)の
路線で,ユークリッド通りを走ることから,Euclid Corridor Projectと
位置づけられていました.

路線名には,The Rapidに準じて色が割り当てられ,当初シルバーライン
とされてきましたが,市最大の雇用者数があり,全米ベスト1の病院と
評価されたクリーブランド・クリニック(Cleveland Clinic)や,同じく
沿線の大学病院などが,625万ドルで25年間の命名権を買い取り,今では
ヘルス・ライン(HealthLine)という名前になりました.

エリー湖に近いダウンタウンのPublic Squareと,東側にあるUniversity
Circleという,クリーブランド市の通勤者が集まる二大拠点を結ぶことも
あり,今のバス6系統は一日平均9千人を輸送しています.
これがヘルスラインに取って代わり,平日ラッシュ時は5分間隔で,電気
モーターとディーゼルエンジンのハイブリッド連接バスが運行されて,
2025年までに同1万5千人を輸送するものと見られています.

全長19m強の連接バスは,車体両側の左右に乗降ドアが設けられ,道路
中央に設けられる島式ホームにも対応します.これは,2007年に開業した
オレゴン州ユージンのBRT,EmX(Emerald Express)と同じタイプだとか.
ガイドウェイ機構はありませんが,ドッキングアーム(docking arm)と
呼ばれる装置が車輪の近くにあり,これが停留所の縁石に接触すると,
ハンドルが振動して運転手に幅寄せ出来たことを伝えるそうです.

もちろん,交差点では優先信号が導入され,四車線あったユークリッド
通りのうち二車線がBRT専用車線に改造されていますし,運賃支払いは
停留所の券売機での切符購入となり,信用乗車制(proof-of-payment)と
するなど,BRTとしての基本特性を備えています.
ちなみに,地下鉄レッドラインも,12月から信用乗車制に移行するとか.

信用乗車制による乗降時間の短縮や優先信号機の導入に加えて,途中の
停留所数を,これまでのバス6系統の半分に減らすことで,所要時間は
25%短縮できる見込みです.

着工から三年,2億ドルを投じて建設された,クリーブランドのBRT最大の
特色は,沿線への経済効果です.総額で43億ドルの投資が行われる見込み
とされています.

それは,単に通りにBRT専用車線を設けただけではなく,それを契機に
ユークリッド通り(Euclid Avenue)を大々的に再建したことによるものの
ようです.
通りの車道や歩道,通りに面した建物の外観? に手を加え,電線を地中に
埋めたり,道路下ユーティリティの再配置に,沿道に1500本もの植樹を
行うことも忘れませんでした.
これらが,軌道系交通機関を導入するのと同様に評価された模様です.

開業を伝える公式発表と,地元報道:
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
Oct. 24, 2008 RTA HealthLine Opens on Euclid Avenue
(RTA 公式サイトへのリンク)
October 24, 2008 RTA's HealthLine Officially Opens Along Euclid
Corridor
(WEWS Cleveland ニュースへのリンク)
October 24, 2008 RTA's Euclid Avenue corridor opens Friday afternoon
(Plain Dealer Reporter ニュースへのリンク)

Euclid Corridor ProjectのBRT部分の建設費は,着工時に1億6840万ドル
でした.その半分近い8220万ドルは,FTAのNew Startsプログラムから,
3割弱の5千万ドルはオハイオ州,RTAは1割,NOACAが6%弱,
NOACA: Northeast Ohio Areawide Coordinating Agency
クリーブランド市は5%弱を負担しています.
Oct. 19, 2004 Cleveland breaks ground for long-awaited
transformation along the Euclid Corridor
(RTA 公式サイトへのリンク)

Plain Dealer Reporterの記事は,RTAは30億ドルの経済開発が沿線で計画
され,数年以内に完成と宣伝しているとしています.

Creative Commonsの条件に基づき,参考画像を貼り付けておきます
Euclid Corridor - Cleveland by karla kaulfuss (flickr)
Euclid Corridor - Cleveland
Euclid Corridor - Cleveland Pavement by karla kaulfuss (flickr)
Euclid Corridor - Cleveland
Taken on July 18, 2008

下のページでは,まだ工事中のものですが,BRTの雰囲気をつかめます.
画像集: JWirtz79 > Cleveland Euclid Corridor "Health Line" BRT
(Picasa Web Albums へのリンク)
バスに装着されたドッキング・アームの正体は,ここで知りました.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 米国北東部 I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108642542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【クリーブランド】BRTヘルスライン開業2か月
Excerpt: オハイオ州クリーブランド(Cleveland)で昨秋運行を開始した,米国で今 最も新しいBRT,ヘルスライン(HealthLine)の近況が入ってきました. 2008年12月のHealthLineの..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-01-18 12:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。