2008年11月26日

【リヨン】空港へLESLYS着工2010年8月開業へ

リヨン・パーデュー駅(Gare Part-Dieu)駅前と,サンテグジュペリ空港
(Aéroport de Lyon Saint Exupéry)を30分以内で結ぶ連絡急行Leslysの,
軌道を新設する約7キロの区間が,公式に着工されました.この11/24に
関係者が集まるなか,式典がとり行われています.
LESLYS: Liaison Express Lyon Saint-Exupéry

LESLYSは,30年契約でローヌエキスプレス(RhônExpress)グループが運営
することになっています.RhônExpressは,フランスの建設会社Vinciや,
世界各地で公共交通を手がけているVeolia Transportなどから構成され,
2006年にローヌ県から指名を受けていました.

約7キロの新線建設を含む費用総額は1億1千万ユーロで,このうち1770万
ユーロは株主,3135万ユーロはローヌ県,残る6200万は銀行債権からと
なっています.また県は,毎年350万ユーロずつの固定額を補助します.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
25/11/2008 Le Département du Rhône et la société RhônExpress
lancent officiellement le chantier Leslys

(VINCI プレスリリースへのリンク)
2008/11 Tramway vers l'aéroport : le chantier Leslys est lancé
(LYon-Actualités へのリンク)

工期は1年半の予定で,2010年8月01日の開業を目指しています.
RhônExpressは,シュタットラー・レール(Stadler Rail)製の部分低床車
(Tango)を採用し,最高速度100キロで走ります.既存路線のパーデューと
メイジューZI(Meyzieu ZI)駅間の14.7キロでは,シタディス(Citadis)の
トラムT3号線と線路を共用します.

そこで,Veolia Transportが参加するRhônExpressのLESLYS(Tango)は,
途中2駅にしか停車しない見込みのため,Keolis傘下のTCLが運行する各駅
停車のトラムT3(Citadis)を,途中駅で追い抜くシーンが繰り広げられる
ことになっています.
TCL: Transports en commun lyonnais

【リヨン】関連ログ: 2008/7/23 空港連絡急行LESLYSルート決まる

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110212730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。