2008年11月28日

【ブレスト】トラム共同購入【ディジョン】

フランス西部 ブルターニュ地方 ブレスト (Brest)
市内人口約14万5千,周辺共同自治体まで含めると同21万3千余
=ブレスト・メトロポール・オセアン(BMO: Brest Métropole Océane)

フランス中部 ブルゴーニュ地方 ディジョン (Dijon)
市内人口約15万4千,周辺共同自治体まで含めると同26万2千余
=グラン・ディジョン(Communauté d'agglomération Dijonnaise)

この両都市は,パリ近郊経由の高速道路を走ること約860キロほど離れ,
そのルートは北部フランスの東西を横断する形になりますが,もちろん
両者を結ぶ都市間交通の話ではありません.

ブレストは2012年に14.3キロの,ディジョンは2013年に20キロの,トラム
(tramway)開業を予定しています.その車両を共同購入するという話は,
以前からありましたが,このほど両市長が正式に調印を交わしたことが,
発表されています.

ブレストは,今年5月にAvant Première社の車両デザインを採用すると
決めていますが,その同じデザインを,ディジョンにも使用できる権利を
与えます.
単独では,ブレストが20本で5500万ユーロ,ディジョンは32本で7500万
ユーロと見られている購入額を,共同購入で発注数を合計52本に増やす
ことにより,総額で1千万ユーロ,もしかしたら1500万ユーロ節約できる
のではないかと,期待されています.

車両発注数の少ないブレストには有利な話ですが,ディジョンを共同購入
相手に選ぶ前には,ブザンソン(Besançon)やル・アーブル(le Havre),
トゥール(Tours)なども候補でした.しかし,いずれも開業時期が合わな
かったそうです.ブザンソンは下記に記したように車両が未定です.
ル・アーブルは2012年,トゥールは2013年? とされていますが,結局は
つい先ごろ正式に鉄車輪のトラムに決定したばかりのディジョンが,一番
マッチする相手だったのです.

ディジョンにしてみれば,他の街と同じ車両というのが,市民にどう受け
入れられるのかは判らないものの,新たにデザインをおこす必要がなく,
相乗りによって,その分の時間と経費が節約できるのでした.

塗装は,ブレストはアニス(Anis vert)色,英語でライム(Key lime)色
と表現されている色です.

これに対してディジョンは,名産のマスタードにちなんで,からし色
という冗談のような話が,調印の席で出たとか.

実際,色は変えることが出来るようです.

このような形の共同購入はフランスでは初めてのことだそうです.
最近では米国で,シャーロット向けライトレール車両を,ノーフォークも
購入するという例もありました.


両市の共同購入では,まもなく入札が行われます.6社が応じると考えら
れていますが,受付けは2009年5月までで,発注先が決定して契約が交わ
されるのは,同年7月から9月の間の予定だそうです.

以下はブレスト側の発表ですが,PDFファイル版ニュースリリースには,
車両デザインはもちろんのこと,ブレストだけでなくディジョンのトラム
計画まで,地図入りで紹介されています.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
27/11/2008 Groupement de commande Brest Dijon (PDF)
車両デザイン: Modélisation 3D interactive du Tram (PDF)
27 novembre 2008 Brest-Dijon : Achat groupé de 52 rames de tramway
(Tramway de Brest métropole océane 公式サイトへのリンク)

一番下のリンク先は,ブログ形式で紹介しているもので,第91回フランス
市町村長会(AMF)に出席の折,両市長が揃って座り,調印の署名を行って
いる様子が掲載されています.
AMF: Congrès de l'Association des Maires de France

このサイトのトップページ(Accueil)を見るとわかりますが,英語版と,
ブルターニュ地方で使われるブルトン語(ブレイス語)版のページも,先月
開設されました.

公式発表の後に出た記事:
28 novembre 2008 Tramway : Brest et Dijon font rames communes
(Ouest-France ニュースへのリンク)
28 novembre 2008 Le visage du tramway de Dijon est connu
(Bien Public ニュースへのリンク)
Le Bien Publicは,ディジョンの新聞です.

公式発表前に出ていた記事:
20/11/2008 Tramway. Appel d’offres commun pour Brest et Dijon
(Le Télégramme ニュースへのリンク)
25/11/2008 Brest et Dijon en tandem pour le tramway
(Territorial ニュースへのリンク)
25/11/2008 Brest et Dijon s'entendent sur l'achat de 52 rames de
tramway
AFPの記事 (France 3 ニュースへのリンク)

【ブレスト】関連ログ:
2008/5/23 トラムのデザインに9つの候補
2008/5/03 2012年開業予定のトラムデザイン
2007/3/12 ゴムタイヤを退けた2本目の計画

【ディジョン】関連ログ:
2008/10/04 TCSPはトラムに圧倒的な支持
2008/5/18 トラムかバスか,TCSP導入へ

ディジョンの位置するブルゴーニュより東にある,フランシュ=コンテの
中心地のブザンソン(Besançon)(人口11万6千)と,その周辺共同自治体
グラン・ブザンソン(同22万強)でも,専用軌道か車線を持つ公共交通機関
(TCSP)の整備計画がありますが,その車両は鉄軌道のトラムかゴムタイヤ
か,あるいはバス(BHNS / BRT)になるのか,決定期限が先送りされ,まだ
正式には決まっていない模様です.
TCSP: Transport en Commune en Site Propre
BHNS: Bus à haut niveau de service (BRT)

【ブザンソン】関連ログ: 2008/10/10 車両未定のTCSP公開討論会

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110350021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。