2008年12月23日

【ブザンソン】圧倒的多数でTCSPはトラムに

フランシュ=コンテの中心地ブザンソンと周辺広域圏グラン・ブザンソン
(Grand Besançon)は,市内人口11万6千,広域圏まで含めて22万強ほど
ですが,昨年の環境グルネル会議の結果を踏まえて制定されたグルネル
法案のもと,整備される専用軌道や車線を有する公共交通機関(TCSP)は,
鉄軌道のトラムに決まった模様です.先週の議会投票では,圧倒的多数で
支持されました.
TCSP: Transport en Commun en Site Propre

ルートも,街の中心部から東西に伸びる路線と,将来はTGVも乗入れる
SNCF駅(gare de Besançon Viotte)への支線を含む14.5キロが選ばれ,
1/30に国に計画が提出されることになります.今後全てが順調ならば,
着工は2010年秋,開業は2014年になるとのことです.

建設費は2008年の価格で2億1千万ユーロ,2014年には2億3500万ユーロに
なると見られ,9名以上の従業員を雇用する企業から公共交通整備のため
徴収する交通税VT(Versement Transport)の2008年末までの分から950万
ユーロ,2009年から2014年までのVTの積み増し分で6750万ユーロ,補助金
6千万ユーロと,公債(emprunts)で9800万ユーロとなっています.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
路線図も掲載された公式発表(詳細はPDFファイルで提供):
Le Grand Besançon innove en choisissant un tramway optimisé !
(Grand Besançon 公式サイトへのリンク)
AFPの記事: 22/12/2008 Besançon opte pour le tramway
(Moniteur ニュースへのリンク)

しかし,鉄車輪トラムに決まるまでの道のりは決して平坦だったわけでは
なく,ゴムタイヤ式トラムや,トラム反対派により途中から急浮上した
在来線転用案に,BRT(BHNS)も有力候補でした.特に後者は半分近く安く
建設できることもあり,トラムも色々と節約を余儀なくされるようです.
BHNS: Bus à haut niveau de service

節約項目リスト: 23.12 Un tramway optimisés.
(MaCommune.info ニュースへのリンク)

関連ログ:
2008/11/28 【ブレスト】トラム共同購入【ディジョン】
2008/10/10 【ブザンソン】車両未定のTCSP公開討論会

ゴムタイヤ式トラムの余談ですが,
先週はストライキで一週間運休していたフランス北西部カーン(Caen)の
トラムは,月曜から運転を再開したものの,早々に事故で立ち往生した
車両がありました.
鉄軌道トラムなら復旧まで運休かバス代行になるところですが,カーンの
トラム(TVR)は,不通箇所をトラムモードからバスモードに切替えて,
迂回してしのいだそうです.
TVR: Transport sur voie réservée (ボンバルディア製)

事故のことはともかく迂回できてしまうのは,TVRの面目躍如といった
ところですが,同じTVRでもレールなしの区間があるナンシーと異なり,
カーンでは車庫の出入など回送時しか,軌道を外れるバスモードで走る
ことは普段なかったと思います.

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。