2008年12月26日

【シンシナティ】市電計画是非を住民投票に?

この夏,ニューヨークタイムズ紙が取り上げたことで,多くの人が知る
ところとなった,オハイオ州シンシナティ市のストリートカー導入計画.
現状は色々と決定が先送りされ,市議会でも市電向け予算削減提案が出る
なかで,最近は目だった進展がないようですが,ここにきて大きな問題が
立ちはだかろうとしています.

全米黒人地位向上協会(NAACP)が,協会内の投票でストリートカー計画に
反対する立場を鮮明にし,2009年11月に行われる住民投票で,賛否を問う
項目を盛り込むための署名集め運動を開始しました.
NAACP: National Association for the Advancement of Colored People

シンシナティのNAACPは,他の団体と共同で,これまでにも刑務所への
費用を賄うための増税案を葬ったり,信号無視を記録するカメラを交通
違反取締りに使えなくするなどの運動を,成功させてきたそうです.

路面電車は金の無駄遣いで,市はそれに資金を注ぎ込むより,道路補修や
地域企業を経済的に発展させるために使うべきというのが,主張です.

NAACPの代表者は,路面電車のことをシュッシュッ・ポッポ(choo choo
train)と茶化し,黒人だけでなく白人も,老いも若きも反対していると
言っているそうです.この運動が成功すれば,投票用紙に載る文言は,
旅客鉄道の用地確保や建設のために市が資金を投じる時は,住民投票で
賛成多数を得る必要があると,市の憲章を修正することに賛成か反対か,
になるようです.

経済発展は,路面電車を走らせる目的の一つにもなっているのですが,
市は財源を含む具体的な計画を,まだ示せていません.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
December 24, 2008 Streetcar system under fire
(The Cincinnati Enquirer ニュースへのリンク)
December 23, 2008 Cincinnati streetcar initiative could be headed
for 2009 ballot
(Cincinnati Business Courier ニュースへのリンク)

南北に街を縦貫する路線は,シンシナティ川近くのダウンタウンから北上
してオーバー・ザ・ライン(Over-the-Rhine)までが第一期区間,その先
アップタウンの大学までが第二期区間になっていて,建設には第一期は
1億ドル,第二期まで含めると2億ドル必要と見積もられているようです.

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国北東部 II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111730315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。