2009年01月09日

【ハンブルク】シュタットバーン初期路線決定

ハンブルク(Hamburg)が計画しているライトレール(Stadtbahn)の第一期
開業区間のルートが決まり,発表されました.50キロに及ぶシュタット
バーン路線網構想のうち,最初の15キロになります.

公式発表もメディアの記事にも地図が載っていますので,詳細はそちらを
ご覧いただくとして,大まかにはハンブルグ始発や終着の長距離列車が
発着するターミナルのアルトナ(Altona)駅と,北東のヴァンツベック区
(Bezirk Wandsbek)のブラムフェルト(Bramfeld)地区を結ぶ路線です.

途中は,Uバーン(地下鉄)1系統のKellinghusenstraße駅かLattenkamp駅の
どちらかを経由し,その後2008年12月から空港への乗入れも開始された
Sバーン1系統の通るRübenkamp駅とも連絡します.

着工は2012年春とされていて,開業予定は2014年です.
公式発表: (外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
08.01.2009 Konkrete Planungen für die Stadtbahn beginnen
(Behörde für Stadtentwicklung und Umwelt へのリンク)

数多くの記事が出ていますが,Hamburger Morgenpostは簡潔に要点を押さ
えた記事で,WELT ONLINEの記事は比較的詳細に書かれています.
08.01.2009 Die Stadtbahn fährt nach Altona!
(Hamburger Morgenpost ニュースへのリンク)
8. Januar 2009 Schwarz-Grün einigt sich auf Streckenführung
(WELT ONLINE ニュースへのリンク)

ハンブルク市政で連立を組んでいるCDU(ドイツキリスト教民主同盟)とGAL
(緑の党)の交渉により第一期路線は決まりましたが,このルートはCDUが
推していたものだそうです.
GAL: Grün-Alternative Liste

Bramfeldとハンブルク中央駅(Hamburg Hauptbahnhof)を結ぶ路線では,
一日6万1千人の利用ですが,アルトナ駅とを結ぶ路線なら一日7万6千人が
利用すると見込まれ,便利になるばかりでなく,工期が短くて済み費用も
安上がりなルートと,紹介されていました.

【ハンブルク】関連ログ: 2008/9/21 2014年ライトレール運転か?

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドイツ II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112365006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ハンブルク】シュタットバーンは全線架線下?
Excerpt: ハンブルクで復活が計画されているライトレール(Stadtbahn)の,決定 ルートや車両規格などが,このほど明らかにされた模様です. 最初に着工されるのは,ハンブルクの北東部にあたるSteilsho..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-07-03 12:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。