2009年01月23日

【ルーアン】開業15年で全車新車に置換え発表

1994年末というフランスの中では比較的早い時期にトラムウェイを復活
させたルーアン都市圏(Communauté de l'Agglomération Rouennaise)が,
今のトラム車両28本全てを,1億ユーロを投じて新車27本にそっくり置き
換える予定であることを,明らかにしていました.新車は2012年の運転
開始が見込まれています.

ルーアンではメトロと呼ばれるトラム車両(TFS)は部分低床車で,これと
同じ仲間がパリ近郊のT1号線や,グルノーブルなどでも走っています.
TFS: Tramway Français Standard

走り始めてから15年も経っていない車両を全て交換するのは,どうやら
輸送力の問題のようです.TFSは車両長29.40m,定員は178名(うち座席が
52席)で,フランスの標準モデルでありながら,まだモジュール式が採用
される前だった時代の車両ということもあり,定員を増やすために車体を
継ぎ足すことが容易ではなさそうですし,生産を終了していますので,
同じタイプを追加して増結することも出来ません.

発表された仕様では輸送力を68%増加させるそうで,300名ということに
なります.ルーアンのトラム(Metro)輸送量は,2006年が年間1546万人,
2007年には同1575万人でした.

1億ユーロのうち,ルーアン都市圏が8151万ユーロを負担し,オート・
ノルマンディ地域圏が1440万ユーロを出すほか,国とEUからもそれぞれ
約200万ユーロずつ受け取ることになる模様です.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
21/01/2009 100 millions d'euros pour de nouvelles rames de tramway
(L'Usine Nouvelle ニュースへのリンク)

モード毎のデータ一覧: L'entreprise > Chiffres-clés
(Transports en Commun de l'Agglo. de Rouen へのリンク)

ルーアンのトラム(Metro)には中心部に2キロ少々の地下区間もあります.
Creative Commonsの条件に基づき,参考画像を貼り付けておきます
ROUEN TRAM IN TUNNEL UNDER CITY CENTRE by michallon (flickr)
ROUEN TRAM IN TUNNEL UNDER CITY CENTRE
Taken on May 16, 2008

by Matthew Black (flickr)
by Matthew Black
Taken on September 4, 2003

置き換えられる車齢の若いTFS 28本は,中古車両として売りに出されると
思われますが,フランス語で公共交通の話題が交わされてる掲示板では,
最近トラム導入が決まったばかりのブザンソンが買うのではないかという
説が,まことしやかに出ていました.真偽のほどは不明です.

TFSが最後に導入されたパリ近郊のトラムT2号線でも,RATPはこれを後に
シタディスに統一し,今はTFSをトラムT1号線に集結させています.

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。