2009年01月24日

【非接触給電トラム】APSのインダクティブ版

昨年の今頃,非接触給電ハイブリッドバスが羽田空港内を期間限定で走る
という話がありました.電気バスの充電を,路面等に埋め込んだ給電装置
から電磁誘導という作用により,直接端子同士が接触することなく車載の
バッテリに急速に大量の電気を送り込むという仕組みです.これを電停に
設置することで,架線レス路面電車を実現させたいと考えた人も多かった
のではないでしょうか.

少々違った形になりますが,日本では非接触給電と訳されているIPTを,
架線のない場所でも効率よく走れるトラム用の給電手段として応用する
ことをボンバルディアが開発中で,先日ドイツのバウツェンで試験車両を
報道メディアの前で走らせました.
IPT: Inductive Power Transfer (非接触給電)

ボンバルディアがPrimoveと呼ぶこのインダクティブ給電で走るトラムの
システムでは,停留所や車庫のような拠点で停車中に非接触の充電を行う
のではなく,走行中も電磁誘導によるエネルギー伝達で走行中でも停車中
でも切れ目なく連続して電気を受け,そのために地上には電磁場を発生
するケーブルが敷かれ,車両には床下にコイルが搭載されることから,
いわばアルストムのAPSの非接触式版といったところです.
APS: Alimentation par le sol

地上側のケーブルは埋設することが可能で,人目につかないように出来る
だけでなく,APSと同様に真上に車両がある時だけケーブルに通電される
仕組みなので,安全上の問題もありません.
さらにBOMBARDIER PRIMOVEのメリットは,APSと異なり非接触式である
ことから,磨耗などのメンテナンスが不要,シューの擦れる騒音もなく,
降雪や降砂といった天候や障害物に左右されることもないことです.

これに加えてPrimoveシステムでは,屋根上にマンハイムで試験された
キャパシタ(電気二重層コンデンサ)を搭載し,ブレーキで生じる電気や
地上ケーブルが発する電磁場から得る電気を余すことなく蓄えておき,
これを最大出力時に放電することで,架線下走行時と比べても遜色ない
性能を発揮します.連続定格出力は250kW,60パーミル勾配を時速40キロ
で走る時の一般的な全長30mのライトレール車両と同等だとか.出力は
最大500kWまで引き上げることも可能と説明されていました.

2010年初めには,このシステムを搭載したプロトタイプがお目見えする
予定だそうです.

公式発表と,公開時の画像などがあるドイツ語の記事を紹介します.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
January 22, 2009 Bombardier Presents First Catenary-Free and
Contactless Operating Tram
(Bombardier プレスリリースへのリンク)

23. Januar 2009 Bautzen baut die Straßenbahn der Zukunft
(sz-online ニュースへのリンク)
22.01.2009 Straßenbahn ohne Oberleitung
(RP ONLINE ニュースへのリンク)
22. Januar 2009 Bombardier baut Straßenbahnen ohne Oberleitung
(MDR ニュースへのリンク)
MDRのページでは,実際に動く試験車両の映像も見られます.

バウツェンのボンバルディア工場内にある試験線で取材したドイツ語の
記事によれば,パンタグラフとコイルの集電装置切替えに掛かった時間は
十秒ほど,見た目にはパンタが下がっただけだったとか.

記事の画像やこれまでの情報から,試験に供されている車両は,ザクセン
アンハルト州ハレ(Halle)のHAVAGが所有する,Flexity Classicモデルの
HAVAGではタイプMGT-Kと呼ばれる中の,688号車でした.
HAVAG: Hallesche Verkehrs-AG

この話題は既に多くの言語で報道されて反響を呼んでいます.

その一例として,オランダのフローニンゲン(Groningen)で計画が進む
RegioTramが,一部区間を架線なしにすると発表しています.
23 jan 2009 Groningen ziet draadloze tramlijn wel zitten
ANPの記事 (De Telegraaf ニュースへのリンク)
RegioTramは,そのルートや車両などを決めるのが2月とのことです.

米国でも,ワシントンD.C.などが関心を持ちそうです.D.C.を計画した
ランファン氏の時代からの区画やジョージタウンでは,連邦法の規制に
より架線を張れないのだそうです.

関連ログ: 2009/1/21 【キャパシタトラム】スペインとオランダでも

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | ドイツ II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113080804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

架線レス【Primove】続々とドイツで検討中
Excerpt: 架線不要で走るトラムを実用化レベルにまで引き上げた地表集電システム (APS)や,バッテリー搭載といった手法では,降雪量が多かったり寒冷地 では不安が残り躊躇していたのか,先週ボンバルディアが発表して..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-01-31 12:00

【BOMBARDIER】今後も車軸付台車で低床車を
Excerpt: 先日までウィーンで開催されていた,国際公共交通連合と日本で訳される ことの多いUITPが主催する,今年の国際会議(UITP Vienna 2009)の場で, ボンバルディアが低床式トラムの新モデルを発..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-06-12 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。