2009年05月14日

【サウスジャージー】DMUのLRT計画明らかに

ニュージャージー州と言えばニューヨークの隣という印象がありますが,
南部にはデラウェア川を挟んでフィラデルフィアと向き合うカムデンも
ありますし,それより更に南も含まれています.

そのカムデンを起点として,州南部(サウスジャージー)のグロスター郡
(Gloucester County)へ向かうライトレール計画が先日,州知事により
明らかにされていました.

カムデンではフィラデルフィアへ行くPATCOの電車や,州都トレントンへ
向かうライトレールのリバーライン(River LINE)とも接続し,そこから
Conrail所有の貨物線を走り,人口一万の郡都ウッドバリー(Woodbury)
などを経て,同二万弱のグラスボロー(Glassboro)を目指します.

現在NJ Transitが運行しているライトレールのリバーラインと同様に,
非電化の貨物線上を走るため,ディーゼルカーによる運転です.
総延長は約18マイル,20億ドル近い費用が掛かりますが,ウッドバリー
までの8マイルを先に開通させる予定で,そこまでは6億ドルと見積もられ
ています.
説明によれば,この6億ドルのうち5億ドル少々は基金から保証されている
そうで,2011年までには着工され,2015年頃の開通が期待されています.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
May 12, 2009 Light rail line coming to Woodbury
(Gloucester County Times ニュースへのリンク)
May. 13, 2009 Plan for Gloucester County commuter rail link to
Phila. outlined
(The Philadelphia Inquirer ニュースへのリンク)
May 13, 2009 Light rail plans finally on track
(Cherry Hill Courier Post ニュースへのリンク)
Gloucester County Timesの記事には,路線図などもあります.

上の記事にも書かれているように,ハイウェイにBRTを導入したり,NJ
Transitアトランティックシティ線の改善なども計画に含まれています.

BRTなどはこれから調査検討に入るようですが,ライトレールは導入も
走行ルートも決定事項で,来月から行われる公聴会でも,議論の対象と
なるのは駅の位置などに留まるようです.

グロスター郡への計画は色々あったようで,貨物線を利用する安上がりな
方法が今回選ばれた格好ですが,利用者も一番多いと考えられています.
元々はウッドバリーには旅客鉄道が走っていました.それが1960年代後半
には廃止され,以降は街も衰退傾向だったとか.州知事の発表を聞きに
集まった住民らは,半世紀近くぶりに旅客鉄道が戻ってくることを喜ぶ
のと同時に,土地の価格も上がるとして計画を歓迎していたそうです.

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国北東部 II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。