2009年05月29日

【フェニックス】通勤パスがLRTの重荷に?

ライトレールの開業を契機に,運賃支払いを路線バスの乗車時や地下鉄の
改札口のように事前には確認せず,乗車中は運賃の支払証明書(=切符や
パス類)の所持を利用者に義務付けるだけの,proof-of-payment制度を
導入した米国の事業者があります.

最近では昨年12月に20マイルのライトレールを開業させた,アリゾナ州
フェニックスとその周辺の公共交通を管轄するヴァレーメトロ(Valley
Metro)も,その一つです.

利用者の良心に任せることから,日本では信用乗車制度と訳されることが
多いこの制度のもとで,違反時の高額な罰金がありながらも,有効な支払
証明を持たずに乗車してしまう利用者が多いのが現状で,各事業者は頭を
抱えることになりますが,ライトレール開業から間もないフェニックスの
ケースを,紹介した記事がありました.それは他の地域とは少々異なる
通勤パスの存在で数十万ドル単位の損失が生じ,そのことが運賃値上げや
減便の原因になっていると言うものです.

通常は,公共交通での通勤を奨励する雇用者が通勤パスを交通事業者から
購入して従業員に配布するものですが,フェニックスではライトレールの
開業前からプラチナパス(Platinum Pass)というプログラムが実施されて
いました.

このプラチナパスは,その代金が契約した企業の従業員の給料から天引き
されるものの,引き換えに発行された電子乗車券式のカードを乗車時に
パッドにタッチするまで,代金がValley Metroに流れない仕組みです.
いわば電子乗車券を活かした変則的な現物支給で,企業にしてみれば利用
状況を把握した上で,通勤手当の支払いが出来る利点がありました.

ところが,路線バスの時代は乗車時に運転手がタッチを確認しているので
問題が起きませんでしたが,ライトレールでは停留所にパッドが設置され
ているものの,タッチせずに乗る従業員が出てきてしまったのです.
タッチされなかった場合は利用回数にならないため,事実上の無賃乗車
になってしまいます.

これによる損失は,2月以降減少傾向にあるものの,4月までの三か月間で
32万8千ドルに上りました.
プラチナパスをライトレール乗車前にタッチしない人の数と損失額は,
車両に設置された自動乗客数計測装置の数値や,ランダムに行われる所持
検査などからの推測値です.

プラチナパス制度利用者はライトレール乗客全体の25%から30%とみられて
いて,ライトレールで運賃を取り逸れている全体の40%が,この制度の分
になるのだそうです.
残りは意図的に支払いを逃れた乗客の分や,券売機の不具合で切符を買え
なかったケースになります.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
May. 26, 2009 Employer-subsidized passes a problem for Valley
light rail
(The Arizona Republic ニュースへのリンク)

プラチナパスプログラムの紹介: Platinum Pass Program
(Valley Metro 公式サイトへのリンク)

Valley Metroでは,プラチナパスの乗車前タッチを徹底するため,車内に
掲示を出したり,ボランティアのスタッフを停留所に配置したそうで,
それらが功を奏したのか,タッチなしにより結果的に無賃乗車になった
人の数が,4月は2月の6割減になったと伝えられています.

券売機のオレンジ色の部分がタッチするパッドだそうです.
Creative Commonsの条件に基づき,参考画像を貼り付けておきます
Valley Metro light rail vending machine
by stevevance (flickr)
Valley Metro light rail vending machine
Taken on December 27, 2008

【フェニックス】関連ログ:
2009/3/30 LRTは地域成長のエンジン
2009/2/19 平日上回る土曜の利用者数

以下は,フェニックスから外れてしまいますが,ご近所にあたるツーソン
(Tucson)からの速報です.
市内再活性化の手段として,トロリーの路線網拡張と近代的ストリート
カーへの変身を図ろうとしているツーソンは,その車両をオレゴン州の
United Streetcar LLCから7本購入することを決めたそうです.

初の低床式USA製ストリートカーが,先日ポートランドの車庫に届いた
ばかりですが,これで同社の発注数は13本になりました.

May 27, 2009 Tucson Orders Seven Streetcars From Oregon Company
(Oregon Public Broadcasting ニュースへのリンク)
May 27, 2009 United Streetcar LLC to build streetcars for city
of Tucson

(DJC News ニュースへのリンク)
今のところはオレゴン側の報道しか見つかっていません.

【ツーソン】関連ログ: 2009/3/04 市電2011年春の新装開業へ期待
【ポートランド】関連ログ: 2009/5/16 初のUSA製低床路面電車到着

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 米国中部 I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【フェニックス】開業半周年,延伸は先送り
Excerpt: 車社会のフェニックスにライトレールが誕生して半年余,7/01から運賃の 4割程度の値上げが実施されますが,望まれていた週末夜の午前2時までの 運転も実現する運びになっています. 予想を上回る利用者数..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-06-30 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。