2009年06月09日

【ミュルーズ】Lohrでトラムトレイン製造中

アルザスのミュルーズ(Mulhouse)で進められているトラムトレイン計画で
使用される車両が,ストラスブール市郊外のデュッピグハイムにある,
ゴムタイヤ式トラム(トランスロール)で知られるロール社(Lohr)の工場
で,建造が進んでいることを紹介する記事がありました.

ミュルーズ市内のトラム路線から,SNCF線に乗り入れてタン(Thann)まで
行くトラムトレインは,2006年11月にシーメンスが12本受注しています.

モデル名Avantoと呼ばれる車両は,SNCFの勧めもあり,ロール社が製造
することになりますが,シーメンスがロールに車両製造を請け負わせる
のはこれが初めてではなく,SNCFが2002年に発注した,パリ近郊のT4向け
Avantoの時からです.

ミュールーズ向け第一号は今年10月には落成し,2010年5月まで試運転が
重ねられるとのことです.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
09/06/2009 Transport Lohr assemble les douze rames du tram-train
mulhousien
(Journal L'Alsace ニュースへのリンク)

ロール社の他分野の製造ラインが経済危機で打撃を受ける中,Avantoの
組み立て契約をシーメンスから獲得していたことにより,40人の雇用が
1年半確保されるというような話も紹介されています.

【ミュルーズ】関連ログ: 2007/9/12トラムトレイン起工式行われる

また,その後の契約では2012年からNéoval(NeoVal)の製造が,ロールの
工場で開始されるそうです.NeoValは,今はシーメンス傘下のMatraが
開発したゴムタイヤ式の新交通システムVALの発展版だそうです.

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121159898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。