2009年06月18日

【シアトル】リンク開業日まで,あと一か月

開業を一か月後に控えたSound Transitのセントラルリンクライトレール
で,シアトル南のソードー(SoDo)地区にある車両基地(Link Light Rail
Operations and Maintenance Facility)が,初めてではないものの一般
メディアに公開され,いくつか紹介記事がみられます.

この車両基地,現在は近畿車輛製の部分低床車35本を収容するに留まり
ますが,2016年に開通予定のユニバーシティ リンク(University Link)に
必要な車両27本もいずれ配属されることになっていて,最終的には105本
(104本? )まで収容可能だそうです.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
June 17, 2009 Here's where they fix the light rail trains
(Seattle Post-Intelligencer ニュースへのリンク)
June 17, 2009 Sound Transit's SoDo operations base offers state
of the art train care

(Northwest Progressive Institute Advocate へのリンク)

PIの記事にも出てきますが,リンクライトレールは直流1500V電化です.
地下あり高架ありでメトロのようでもありますが,途中には道路中央を
走る区間もあるため第三軌条が使えず,架線式のため日本の私鉄のような
様相です.そもそもDC1500vの採用は,電車運行頻度の高さが予想される
ことと,建設費と運営費を節約する必要に迫られ,変電所建設数を抑えた
ためと,以前こちらで書いていました.

その他あまり知られていないことのようですが,車両製造では大阪の近畿
車輛工場で大部分が作られ,それを米国に運び込んだあと,エバレット
(Everett)のボーイング工場の一角を近畿車輛が借り受け,最終組み立て
作業を行っているそうです.

すでに準備が整いつつも,初飛行は今月末と予想されるボーイング787機
建造現場のすぐ近くで,ライトレール車両が組み立てられていたのかも
しれません.

【LRV】関連ログ: 2006/12/16 シアトル向け プエブロで試験中

今月初めにはメディア向け試乗会も開催されていて,連日のようにライト
レールの記事が出ていました.

また毎週月曜には,各駅を取り上げたシリーズものの記事もあります.
May 21 Tunnel two-step: It may take buses longer to clear shared
tunnel

May 26 International District/Chinatown Station is switching
point for many commuters

June 1 Sports fans to find relief at Sodo light-rail stop
June 8 Will Sodo Station be a magnet for riders?
June 15 Beacon Hill's light-rail station filled with colorful art
(The Seattle Times ニュースへのリンク)
この先もTukwilaに向かって紹介が進んでいくのでしょう.

【シアトル】リンクライトレール関連ログ(2009年分):
2009/5/22 トンネル内でバスとLRTが共存
2009/5/20 ライトレール DSTTでも試運転へ
2009/4/21 リンクライトレール7/18開業へ

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国北西部 II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121759447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。