2009年06月19日

【フィレンツェ】架線レスTramwave採用か?

今月初めにウィーンで開催されていた,国際公共交通連合(UITP)の国際
会議(UITP Vienna 2009)では,アンサルドシステム(Ansaldo STS)も,
架線なしでトラムが走れるシステム(Tramwave)を発表していました.

Tramwaveと呼ばれるシステムは,空中の架線の代わりに地表ケーブルから
集電するもので,詳細は不明なものの接触式のようですし,車両が真上に
いない限り地表ケーブルに通電されないなど,APSとしてはアルストムが
いち早く実用化したものと似ています.
APS: Alimentation par Sol

直流電化750Vまでの路線で対応可能なTramwaveは,元々アンサルドブレダ
(AnsaldoBreda)の低床トラム(Sirio)用として開発されたものでしたが,
他社モデルでも導入できるほか,在来車の改造も可能とのことです.

さて,そのTramwaveが導入される第一号は,今のところフィレンツェの
トラム2号線が有望と思われます.トラム2号線ではサンタマリア・デル・
フィオーレ大聖堂前の広場(Piazza del Duomo)では架線を張らない方針と
しています,それに加えて,そのドゥオーモ広場から停留所で2つ分先の
サン・マルコ広場(Piazza San Marco)内でも,架線なしにする可能性が
あることを,フィレンツェ市が発表していました.

Tramwaveは,バッテリーなどを搭載する方式より経費を抑えられるとも
書かれています.

フィレンツェ市の公式発表と,一般メディアの記事:
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
18/06/2009 Possibile il tram senza fili anche in piazza San Marco
grazie all’alimentazione da terra

(Comune di Firenze 公式サイトへのリンク)
18 Giugno 2009 Il tram senza fili anche in piazza S. Marco
(Il Reporter ニュースへのリンク)

Ansaldo STSが,2009年UITP会議で発表したTramwave(ワイヤレス トラム
システム)の概要は,下記にリンクがあるPDFファイルに記されています.
Vienna UITP 2009 / EXHIBITOR DETAILS / ANSALDO STS
(UITP Vienna 公式サイトへのリンク)
業界専門サイトだけでなく,一般向けメディアでも報じられていました.
2009-06-09 ANSALDO STS: NEW TRAMWAVE POWER SYSTEM PRESENTED
(ANSA ニュース 英語版 へのリンク)

今回の発表は,あくまでも可能性があるというだけで,ドゥオーモ広場も
含めて正式決定ではない模様です.トラム2号線と同3号線の建設用として
して用意された資金が,イタリア中部地震被災地復興に充当されることは
なくなりましたが,依然計画の行方は不透明です.

Ansaldo STSのトラム計画概要: Florence Tram (lines 1, 2 & 3)
(Ansaldo STS - Italy 公式サイトへのリンク)

なお,現在は試運転が行われているトラム1号線の開業は,10月中になる
ということも,今回あわせて発表されました.

【フィレンツェ】(フローレンス)トラム関連ログ:
2009/5/21 トラム1号線と2号線で明暗
2007/2/13 大聖堂近くは架線レス?

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。