2009年06月20日

【トゥールーズ】PDU改訂版はトラム導入優先

先日,2010年12月営業開始予定のトラムE号線用シタディスの市内到着が
盛んに伝えられていたトゥールーズで,今度は向こう十年間にわたる,
トゥールーズの都市圏交通計画(PDU)の見直し案が,都市圏の首長をも
兼ねている,2008年の選挙で当選した新市長により,発表されています.
PDU: Plan de Déplacements Urbains

総額で13億ユーロに及ぶ計画では,市長選挙時の公約通りにトラム導入が
推進されています.
これまでのトラム計画線の継承はもちろんのこと,前市長により葬り去ら
れた? トラムE号線の空港支線計画の復活や,メトロB号線の延長はトラム
により実現させようとするなどの新プランが,盛り込まれています.

新案の今後は,7月上旬にもトゥールーズ都市圏と,その都市圏で公共
交通を運行する2002年に設立された組織,Tisséoの承認を必要とします.

トラム関連を追ってみると,
ブラニャック空港(aéroport de Blagnac)への支線は,どうやら単線に
なる模様ですが,2013年の開業が見込まれるようになりました.
またトラムE号線の都心側の終点で,メトロA号線の乗換駅となるArènes
から先の延長区間に相当するトラムG号線(ligne Garonne)なども,同じく
2013年の予定です.
さらに2015年には,Arènesから西に伸びるTournefeuilleへの新路線と,
将来TGVが発着する? Pont des Demoisellesから南東のSaint-Orensへと
伸びる新路線なども開業予定になっていますが,都心部の周回路線になる
予定のトラムF号線(ligne Canal)は,2018年の模様です.

メトロB号線の南端駅Ramonvilleから,南東のLabègeへの約5キロほどの
延伸計画は,前市長がメトロのまま早期決定を求めていましたが,工費が
三分の一の1億3千万ユーロで済むトラムで行う計画に改められています.

La Dépêcheの記事には地図も載っていました.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
19/06/2009 La carte des nouveaux projets de transports du Grand
Toulouse
(La Dépêche ニュースへのリンク)
19.06.09 Guerre de positions entre métro et tram
(20minutes ニュースへのリンク)

しかし,Tisséoの赤字救済への支援で手一杯な状況にある中で,資金難
から今後も紆余曲折がありそうです.

【トゥールーズ】関連ログ:
2008/12/18 エアバスとアルストムのコラボ
2008/6/21 トラムE線レール敷設開始

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。