2009年06月26日

【ブラジリア】モンペリエから運営ノウハウ

ブラジルの首都ブラジリアは,未開の地に建設された,いわば計画都市.
近年開業した2路線のメトロ以外は,圧倒的多数の自動車に,路線バスや
タクシーを移動に利用するだけでしたが,ライトレール(VLT)を導入する
計画もあります.
VLT: Veículo Leve sobre Trilhos

ブラジリア ライトメトロ(Metrô Leve de Brasília)は,南部にある空港
から,W3通り(Via. W Três Sulなど)=メトロが地下を走るハイウェイより
西側で南北を縦貫する通りの地上を走り,北部にあるTerminal Asa Norte
までの23キロ弱及ぶ路線網になる予定です.

ライトメトロは2014年の開業を目指していますが,これは同年ブラジルで
開催される2014 FIFAワールドカップも,当然意識されています.導入は
W3通りを再び活気付かせる目的もあり,中心部? の8.7キロが先行開業と
書いてある記事もありました.

ブラジリアの知事は,ただいまフランスとスペインを訪問しています.
その訪問先の一つモンペリエでは,同市からトラムを柱とした公共交通の
導入と運営のノウハウを,6年間におよび伝授してもらう契約に,署名
したことが伝えられています.フランス開発庁ADFから1億3千万ユーロの
金融支援も,これに含まれているようです.
ADF: Agence française de développement

技術サポート料35万ユーロと報じられていますが,モンペリエでトラムを
運営しているTAMが,ブラジリアで実務を担います.
TAM: Transports de l'agglomération de Montpellier

ブラジリアからの公式発表(ポルトガル語):
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
25/06/2009 GDF fecha parceria técnica com empresa francesa para a
construção do VLT

(GDF | Agência Brasília 公式サイトへのリンク)
ブラジル側の記事(ポルトガル語):
25/06/2009 GDF sistema de linhas de bondes que poderá ser
utilizado na W3
(Brasília em Tempo Real ニュースへのリンク)
フランス側の記事(フランス語):
25/06/2009 Languedoc-Roussillon. Montpellier aidera Brasilia à
réaliser sa première ligne de tramway

(La Gazette des Communes des Départements des Régions へのリンク)
25 juin 2009 Un tramway nommé Brésil
(Midi Libre ニュースへのリンク)

ブラジリアのライトメトロ計画概要: Metrô Leve de Brasília
(Companhia do Metropolitano 公式サイトへのリンク)

フランス側の記事には,ブラジリアに提供するノウハウのリストも載って
いました.それによれば,駐車場や市内中心部の車両規制の方針から,
リアルタイム管理システム,カーシェアリング,それに停留所への足と
して活用してもらう,パリのヴェリブ(Vélib')のようなセルフサービス式
自転車まで含まれています.

内容が間違っていたりリンク切れがありましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122276588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。