2006年11月21日

【Douai】ゴムタイヤトラムのお披露目

ベルギーと国境を接するフランスのノール県,Nord (59)にあるドゥエ
(Douai)と,その南部(Canton de Douai-Sud)方面との間に,2008年初頭
から運転を開始する予定の,ゴムタイヤトラムのお披露目が,この土日に
沿線各地で行われたという記事がありました.地元フランスで報道された
ばかりでなく,オランダ語でも報じられています.

ドゥエ(Douai)は,リール(Lille)から南に約40キロ近く離れたところに
あります.ここで採用されるゴムタイヤ式トラムには,鉄のレールを全く
必要としません.走行路を予め記憶させた車載コンピュータが,道路下に
埋め込まれた磁気マーカーの助けを受けて走るのだそうです.
また,ドゥエで導入される車両では,バッテリー搭載のハイブリット方式
のため架線もありません.
これではほとんど専用レーンを走るバスですが,ドゥエ(Douai)に導入
される車両は両側にドアが設けられ,島式ホームにも発着できます.
そのことと関係あるかどうかは判りませんが,オランダの記事によれば,
フランスの法律上はバスではなく,トラム(tram)として扱われます.
そのため,記事でもTramと記されていますし,ドゥエの公式サイトなど
でもTramとなっていますが,ガイドウェイバスと言ったほうが,日本では
通りがいいかもしれません.磁気式誘導は,IMTSという現物もあります.
IMTS : Intelligent Multimode Transit System


導入されるのは,オランダ政府が一部資金援助して開発された,Phileas
(フィリアス?)と呼ばれるシステムで,ドゥエではÉvéole(エヴェオル?)と
名乗るようです.オランダの記事によれば,トラムであろうとなかろうと
Évéoleは,Phileasの弟分ということになるそうです.

このPhileasが際立っているのは,磁気誘導によるオートステアリング
運転ができることもさることながら,全輪がステアリング可能で,横への
移動も容易なところにもあります.この機能により,乗降所と出入口との
間の隙間が,5センチに縮まるまで幅寄せできるそうです.
Phileasは,イタリアではトロリーバスモードで導入が計画されている
ほか,韓国でも検討されているようです.
ドゥエ(Douai)では,12キロに及ぶ第一期区間の開業を,2008年初めに
目指しています.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
地元フランスでの報道 : (France 3 ニュースへのリンク)
20/11 Le tram de Douai s'expose

オランダ語の報道 : (Eindhovens Dagblad ニュースへのリンク)
20 november 2006 Évéole, het pijlsnelle broertje van de Phileas

Tram (la ville de Douai 公式サイトへのリンク)
左側にあるメニューの,TRACÉ DE LA LIGNE 1をクリックすると,計画
路線図が表示されます.

Le Tram Le projet (SMTD 公式サイトへのリンク)
SMTD : le Syndicat Mixte des Transports du Douaisis
Le Tramのメニューの中に,évéoleのロゴが入った車両が見られるページ
もリンクされています. Eveole Présentation

SMTDでは,トラムが走る予定の沿線にあるカフェで,地元住民と当局の
人間が意見を交し合う会合も各地で開催してきたようです.公民館など
ではなく,リラックスできる雰囲気で説明会を開くという手法は,参考に
なるかもしれません. Café Tram Planning rencontres

このサイトにも画像や情報があります.
TRAM2007 : L'info Tram de la ville de Douai
(www. Tram2007.com へのリンク)

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | フランス I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
PhileasはPhilips社が本社のあるEindhovenで永年実験していたのですね。写真を見るとそっくりですね。オランダ政府の助成金が出ていると聞いていましたが
フランスで第1号とは、なぜ自国でやらないのでしょうか、小生は雪の多い北国では無理かなと思いますが、南国には良いのでは。何のことはないVolvoの連接バスに電磁誘導装置を付けただけではないか。にじり寄る装置も日本でも作っている人がいる位で難しくはないらしいが実現させたのは偉いですね。それにしてもフランスの投資意欲はすごいですね。Douaiなんて町は聞いたこともなかったですね。
Posted by 臼井 寛 at 2006年11月22日 02:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27961079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【Douai】ゴムタイヤトラム開業9月に延期
Excerpt: フランス北部に位置するドゥエ(Douai)が,トラム(tram)として導入する ゴムタイヤ式トラム,日本ではガイドウェイバスに分類されると思われる フィリアス(Phileas)は,6/30の営業開始を..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-03-31 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。