2007年03月12日

【ブレスト】ゴムタイヤを退けた2本目の計画

ゴムタイヤ式トラムか,それとも鉄軌道のトラムか.長年悩んだこの選択
を,今年2月上旬に結論を出してから一ヶ月余,フランスのブルターニュ
地方に位置する,人口約14万5千人ほどの街ブレスト(Brest)で,早くも
第二のトラム計画線の話が出てきています.
もっとも,2009年着工,2012年開業を目指した,12キロほどのトラム路線
計画の説明会が各地で開催されている中,2号線の終点になることが予定
される地区での会場でのことで,2本目のトラムは,2018年から2020年の
開業予定と,まだまだ先の長い話です.

ブレストでも,1949年まで路面電車が走っていたそうですが,新生トラム
計画に対して,住民の反対は多かったようです.1本目の計画にしても,
2004年12月に市長が決定したものでした.その後,1本目のトラムは,
大方の予想通り,鉄軌道が今年2月に選択されました.

クレルモン=フェランなどから情報を得て,車体幅が2.20mで軌道も1本で
済み,狭い道路を通すことができるとか,鉄軌道は10%勾配が限界なのに
対して,ゴムタイヤトラムなら13%(130パーミル)まで可能とか,鉄道も
ゴムタイヤも,トラムは総じてバスより静かなものですが,ゴムタイヤ式
トラムなら曲線でも騒音が少ないなど,ブレストは,ゴムタイヤトラムの
優位性を学んできました.

しかし,結局はメーカーが事実上1社しかないゴムタイヤ式トラムより,
鉄道ならメーカの選択肢が豊富なこと,鉄道のほうが信頼性が高いなどの
理由により,鉄道方式が採用されました.
そしてもう一つ,これが最大の理由のようですが,将来トラムトレイン
(tram-train)を,SNCF(フランス国鉄)線上に走らせる形で運行する構想が
ブレストにはあり,ゴムタイヤ式トラムでは,これとは別のシステムに
なってしまうということがありました.そのトラムトレイン構想こそ,
今回話が出た,2本目のトラム計画のことなのでした.
SNCF : Société Nationale des Chemins de fer Français

ブレストと,その東隣の街,Le Relecq-Kerhuon(人口1万強)を結ぶのが,
トラム第二路線の目指すところです.その両者を最短距離でつなぐのは
SNCFの線路で,自動車では多少遠回りする必要があるようです.
これは推測ですが,トラムトレインは,そんなところから構想が生まれた
のかも知れません.結果的にはそれが,ブレストにとって難問だった,
ゴムタイヤか鉄輪かの選択に,終止符を打った形です.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
samedi 10 mars 2007 La 2e ligne de tram, c'est pour 2018 ou 2020
(Brest.maville.com ニュースへのリンク)
12/03/2007 Tramway : Brest choisit le fer
(territorial.fr ニュースへのリンク)

トラムトレイン(2本目のトラム)の大雑把なルート :
ブレスト側は,街の西側にあるBellevueを起点として,そこからSNCF駅へ
路面電車モードで走り,そこからはSNCF線に乗り入れて,トレインとして
ブレストの東側の近郊にあたるLe Relecq-Kerhuonまでが,計画されて
います.その位置関係を下記リンク先で表してみました.
Bellevue - gare SNCF - Le Relecq-Kerhuon

(Google Maps へのリンク) こちらで表示のルートは,自動車で移動の際
にGoogleのデータが推奨する道筋で,実際のトラムトレインのルートとは
一切関係ありませんが,奇しくも,道路よりSNCF線のほうが,Le Relecq-
Kerhuonとブレストの間の最短距離を結んでいることがわかります.


ブレストのトラム特集ページ(過去の記事へのリンク集) Special Tram !
1号線の路線図 : le tracé de la future ligne de tramway sur 15 km
(Brest.maville.com ニュースへのリンク)
上のリンク先の図にある東側の枝線が見送られて,現在は12キロで計画
されているようです.上記Google Mapsとは,縮尺が異なりますので,
比較の際はご注意ください.


公式サイトは,上段のリンク先に移行するようですが,下段のリンク先も
コンテンツが現時点では残っています.新しいサイトは,現在各地で順次
開催されている,公聴会の予定だけのようです.
* Tramway de l'agglomération brestoise
* Un tram au coeur des enjeux de Brest métropole océane
(la Ville de Brest et de Brest métropole océane へのリンク)

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | フランス I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ル・アーブル】トラムには鉄車輪を選択
Excerpt: フランス北西部の港町,ル・アーヴル(Le Havre)は,印象派の画家モネ (Claude Monet)の出生地として,そして,そのモネが描いた港の日の出 でもよく知られています.先頃トラムが復活した..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2007-07-14 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。