2007年07月01日

【マルセイユ】復活したトラムが営業を開始

2年半の工事を終えて,当初予定よりやや遅れながらも,南仏マルセイユ
(Marseille)にトラムウェイ(tramway)が戻ってきました.
先日の紹介通り,正式開業は共和国大統領の到着を待って7/03に式典が
とり行われることになっていますが,それまで土日月の3日間は,沿線の
人たちに無料のお試し期間となります.

その初日,6/30には午前8時から旅客を乗せた電車が走り始めました.
これも4時間ほど時間を繰り上げたようです.それでも,正午までに既に
3万6千人が新生トラムに乗車したという報告が出ています.
沿線では各地で色々催しがあったようですし,電車の運行は21時までです
が,その後もコンサートやオペラが開かれるとのことです.
通常は,朝5時台から午前零時台までの運行になります.

マルセイユの新しいトラムは2路線が設けられますが,今回は部分開業と
いう形をとり,T1の一部とT2のほぼ全線をつなげた約8.6キロの運行を
行っています.建設中の路線が全て完成するのは,2008年秋の予定です.

6/30に営業運転が開始された区間では,すでに何日も前から試運転が連日
行われてきましたが,主要交差点などに警官を配備し,軌道を確保して
いました.報道によれば42名の警察官とあります.
その他にも,ボランティアと思われる人たちが,ルトラム(Le Tram)と
印字された布製のバックに資料や路線図をつめて乗客らに配布していま
したし,昼前後からは混雑が激しくなり,電停に係員らが出て安全確保に
努めていました.
運転開始直後の8時台には,映像などを見るとガラガラだったトラムも,
10時台になると途中からでは着席できなくなり,11時近くにはバックを
背中に背負ったまま乗るのをはばかるほどになり,昼前にはあまり混雑の
ために乗車を見送る人たちも出てしまったり,ドアが閉まらずなかなか
発車できないトラムに見切りをつけて歩き出す人たちも出てしまうほどの
盛況でした.

土曜日のためか独自の記事は見つかりませんでしたが,ロイターとAFPが
配信したものを掲載しているニュースサイトがいくつもあります.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
30.06.07 Le nouveau tramway suscite l'engouement populaire à
Marseille
(Reutersの記事 - Le Monde へのリンク)
30 Juin 2007 Le retour du tramway à Marseille
(France Matin ニュースへのリンク)
30 Juin 2007 Les Marseillais prennent possession de leur tramway
(AFPの記事 -La Provence へのリンク)

これまでの計画内容や工事の進捗状況を知らせるものではなく,時刻や
沿線案内など,営業向けの新しい公式サイトが誕生していました.
Le Tram - Marseille Provence Métropole

ノートルダム教会をバックに走る姿と,独特の日除けが印象的な車内 :
Marseille0630-1.jpg Marseille0630-2.jpg

台車のない車体の窓ガラスは,着席した時の膝の下の位置まであります.
一方,あまりの混雑に,ドアが閉まるようにしているスタッフも.決して
押し屋ではないです.
Marseille0630-3.jpg Marseille0630-4.jpg

マルセイユに復活するトラムの最近の過去ログ :
2007/6/15 新大統領トラム開業遅らせる
2007/3/02 新生トラム 街中で初運転
posted by NeiTech at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(3) | フランス I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【フランス】2007年11月トラム開通ラッシュ
Excerpt: 【マルセイユ】では,2004年1月にトラムが運行を休止していた通りに, ほぼ4年ぶりに電車が戻ってきました. 新しいトラムに変身するため,旧来のトラム68系統はバス代行となり, 3年の歳月をかけて線路..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2007-11-10 19:00

【マルセイユ】新トラム開業一年で公営化
Excerpt: フランスでは,民間の公共交通請負企業が自治体に代わって公共交通の サービスを提供して対価を受け取るコンセッション方式や,官民が共同で 公共交通を運営する第三セクターの企業体を設立する方式が主流ですが,..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-07-19 12:00

【マルセイユ】ノアイユへトラム乗入れ開始
Excerpt: 2007年7月に,マルセイユのトラムは路線網を大幅に拡張し,車両も全て 100%低床車に入替えられて生まれ変わり,新開業から1年後の今年夏の 時点では,一日4万人の利用があるそうです. その新しいトラ..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-09-29 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。