2007年08月26日

【ストラスブール】祝 延長で5日間の運賃無料

ストラスブール(Strasbourg)のトラムが,7年振りに路線を延長します.
ニースでも問題になっているDUPの関係で,一時期工事が差し止められて
いましたが,2005年11月に工事が再開され,これから2008年夏にかけて,
三段階で路線網が成長していきます.
DUP : Déclaration d'Utilité Publique

その第一弾は,8/25から運転を開始しました.週が開ける8/27からは関連
する路線バスも再編されて,8/29までの5日間は,一部を除いたCTS全線が
祝賀ムードのなかで,お試し期間として無料開放されています.
CTS : Compagnie des transports strasbourgeois

今回,トラムはC系統とD系統が延長され,E系統が新設されます.距離に
して13.5キロとなっていますが,ストラスブールではフランスの鉄軌道
トラムには珍しく,複数の系統が重複して走る区間があるため,実際には
6キロ前後です.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
路線図をまとめてみました.四角い枠内が8/25に延長された区間です.
Strasbourg2007Aug.png
資料を基に構成しましたが,正確ではないかもしれません.
トラムトレインF系統は,想像図になります.

公式案内 : 25/27 Août : Nouveau Réseau Bus - Tram
2007-2008年に拡張する路線計画 : CTS | reseau 2007
(CTS 公式サイトへのリンク)

延長開業と,これまでの歴史を簡単に振り返る記事 :
août 25, 2007 Strasbourg étend son tramway et revendique
la première place
(Reuters.fr ニュースへのリンク)

数日前から記事が出ていました.どの記事も,2008年には路線長53.7キロ
にまで達し,リヨンを抜いてフランス最長のトラム網となると書かれて
いますが,前述の通り,重複して走る区間を二重に計算していますので,
軌道キロはもっと短いはずです.また,フランス初の環状ルート完成とも
ありますが,これも先例があるでしょう.それでも路線数5というのは,
フランス随一です.
22/08/2007 Strasbourg se prépare à inaugurer l'extension de son
réseau de tramway
(Moniteur-Expert ニュースへのリンク)
22 août 2007 Le tram en chiffres
(Union Pour Strasbourg ニュースへのリンク)

他にも多数ありますが,下段の記事には,興味深い数字が並んでいます.
13,1,12,390,1000
13: 延長される路線距離をキロメートルで表しています.
1: 地域内ならどこに行くにも最大1回の乗換えで到達できるようになる
ことを示します.新たにNeudorf地区へトラムが乗入れました.
トラム同士の乗換え拠点は中心部の4か所になり,これまで4線が終結して
いた(写真で紹介されることも多い)Homme de Ferの混雑緩和を図ります.
12: 新しく掛けられた橋の数だそうで,水運で栄えた水の都と言われる
だけのことはあります.
390: 総予算3億9千万ユーロで,このうち1億5千万ユーロが設備関係,
1億1千万ユーロが追加投入された41本の低床車(シタディス)の代金です.
全長の長いシタディス導入で,輸送力が82%アップするとか.
1000: 2001年以来,トラム延長に関して開催された集会の数だそうです.

今後の予定としては,2007年11月末(2008年1月という記事もあり)には,
B線がOstwald Hôtel de Villeまで延長されるのと,E線が欧州議会などの
前を通り,Robertsau Boecklinまで伸びる予定です.
残る建設中の路線は,B線のLingolsheim Tiergaertelまでですが,これは
2008年5月か6月になる見込みだそうで,これが完成した時点で,整備が
必要とされた地区(Neudorf,Neuhof,Robertsau,Ostwald,Lingolsheim)
全てにトラムが到達することになります.
また,バスもこれまでより6%規模が拡大されますが,その路線バスとだけ
ではなく,鉄道線(SNCF/TER)とも接続を改善し,駐車場や駐輪場を設ける
停留所を増やすとのことです.

路線拡大と車両増備で,車庫も新設されました.C線の途中Kibitzenauに
トラム35本とバス124台を収容する車庫が完成しています.それまでの
車庫を補完するだけでなく,地域の再生につながるようです.
また,この車庫では,太陽光発電などの再生可能なエネルギーを積極的に
取り入れています.
24 août 2007 Eco-dépôt
(Union Pour Strasbourg ニュースへのリンク)

一連の路線が開通したその次は,トラムトレインの運転開始が計画されて
いますが,その時期を2009年と記した記事もありました.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | フランス I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52763908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ストラスブール】トラム延長と空港駅着工
Excerpt: フランスはアルザス地方から,トラムの話題がいくつか届いています. まずは,ストラスブール(Strasbourg)のトラム(tramway)から. 2007年8月から暫時開通している,ネットワーク(R..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-01-22 07:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。