2007年09月11日

9/19【フランス】各地一斉に公共交通の日に

今年2007年も,9/16から9/22はヨーロッパモビリティウィーク(European
Mobility Week / Semaine européenne de la mobilité)というイベント
週間になります.
1997年フランスのラ・ロシェル(La Rochelle)で始まったカーフリーデー
(Journée sans voiture)を,2002年に欧州委員会(European Commission
/ Commission européenne)が一週間のキャンペーンに育て上げたもので,
期間中には各地で様々な催し物が開かれます.これらの詳細は,日本語に
よるヨーロッパカーフリーデー日本公式サイトがありましたので,参考に
してください.下にリンクを記しています.

自動車を使わなくても移動できることに気付いてもらうため,これまでも
公共交通機関の運賃を無料にしたり,利用促進のイベントがありました
が,今年のフランスでは,海外県のレユニオン島(Réunion)を含む,全国
百を数えるネットワーク(運賃ゾーン?)で,各地域内の移動だけなら一日
1ユーロで乗り放題になるという試みが行われることになりました.
その公共交通機関の日(La Journée du transport public)になるのは,
ヨーロッパモビリティウィークの中間日にあたる平日の9/19です.カー
フリーデーの時代からですが,平日に行うからこそ意味があるのです.

このイベントに参加するのは,中規模の街や地域に留まりますが,中には
モンペリエ(Montpellier)のTaM,ルーアン(Rouen)のTCAR,リール(Lille)
のTranspoleなど,トラム(tramway)の走る地域の事業者や,ゴムタイヤ式
トラムが走るカン(Caen)のTWISTOも,参加することになっています.
公共交通の日の公式サイトに参加地域のリストが載っていました.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
トップページ: La Journée du transport public
Réseaux de transports publics proposant le tarif à 1 € la journée
le 19 septembre 2007
参加事業者リスト: Autorité organisatrice,地図版: La carte
FAQページ: Questions / Réponse
(公共交通の日 公式サイト へのリンク)

FAQのページには,なぜ運賃無料ではなく1ユーロなのか,といった項目も
載っています.読み違いがあるかもしれませんが,無料にすることで公共
交通の価値をおとしめることなく,運賃という概念を学ぶいい機会ととら
えているため,あえて1ユーロに設定したようです.

各都市のお役所内にある交通政策課の連合組合GARTと,交通事業者の連合
UTPは,Objectif transport publicというGIEを組織しています.この
団体が,公共交通機関利用促進の全国キャンペーンを担いますが,9/16-
9/22のヨーロッパモビリティウィーク以外もイベントも行う予定があり,
サイトに掲載しています. GIE Objectif transport public GART-UTP
GART: Groupement des autorités responsables de transport
UTP: Union des transports publics et ferroviaires
GIE: Groupement d'intérêt économique (経済利益団体?)

ヨーロッパカーフリーデー日本公式サイトへのリンク
トップページ: ヨーロッパカーフリーデー日本公式サイト
モビリティウィーク&カーフリーデーとは? ヨーロッパでの様子
モビリティウィーク&カーフリーデーとは? 目的と実施内容

公共交通の日に関し,AFPの記事を載せたサイトがいくつかありました.
06 septembre 2007 Des transports publics à un euro le 19 septembre
pour séduire les Français
AFPの記事
(La Provence ニュースへのリンク)

各自が自動車に乗って移動する代わりに,公共交通を試してもらうわけ
ですが,記事の中では,第二次フィヨン内閣(Gouvernement François
Fillon)で運輸長官(secrétaire d'Etat chargé des transports)を務める
政治家が,公共交通は高品質で快適なものになるべく,たゆまぬ努力を
続けてきたとし,特にトラム(tramway)の復活や,専用道路を走るバス
だけでなく,TERやパリとリヨンのセルフサービス式貸し自転車の成功も
挙げていました.
TER: Transport express régional (SNCFの地域内中距離列車)

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | フランス I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ニース】県内共通切符を2月から導入へ
Excerpt: アルプ=マリティーム県では,2008年1月01日から県内全ての 路線バスに使える1ユーロの切符を導入しました.
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-01-09 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。