2007年09月12日

【ミュルーズ】トラムトレイン起工式行われる

アルザスのミュルーズ(Mulhouse)と,同じオー=ラン県(Haut-Rhin)のタン
(Thann)を結ぶ,トラムトレイン第一期区間が先週末に着工されました.
20キロに及ぶ施設が完成し,2010年末に予定されているトラムトレインが
走る暁には,ミュルーズとタンの間は一日48往復と現在の倍以上の本数に
増発され,1時間に1本残る在来線と,1時間に2本のトラムトレインが行き
交うことになる模様です.

工事は,在来線の電化と4キロほどの並行して走る線増に,途中駅の新設
で,総工費は8440万ユーロとみられています.2005年11月に計画が承認
された当時は,7700万ユーロとされていました.アルザス地方圏(Région
Alsace)がこのうちの35%を負担し,残りは内訳が不明ですが,国,オー=
ラン県(Département Haut-Rhin),SITRAMが受け持ちます.
SITRAM: Syndicat Intercommunal des Transports de l’Agglomération
Mulhousienne (ミュールーズ圏の交通機構)

在来線に並行して線路を増設するのは,現在の市内線(トラム)との分岐点
から,Lutterbachまでです.SITRAMの資料によれば,Lutterbachまでは
市内からトラムがラッシュ時に限り運転されるからのようです.また,
トラムトレインの後に開業が予定されている,高速線のLGV Rhin-Rhône
との兼ね合いもあるかもしれません.

車両は,12本のSiemens製トラムトレインを5300万ユーロで購入します.
1本あたり約442万ユーロです.
それに,車両基地に1千万ユーロを投じて,計画総予算は1億4700万ユーロ
となっているそうです.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
Mulhouse_tram-train.png
トラムトレインや,2011年完成とされる高速線のLGV Rhin-Rhôneを含め,
ミュルーズの鉄道網を地図にしてみました.青と赤がトラムウェイです.
トラムトレインが走るころには,路線が延長されているかもしれません.
LGV Rhin-Rhôneは半分想像で加えました.
資料を基に構成しましたが,正確ではないかもしれません.

お歴々が参列して着工式がとりおこなわれた様子など:
11/09/2007 Tram-train : première pierre à Thann
(SITRAM 公式サイトへのリンク)
下のEn savoir plus sur le tram-train Vallée de la Thurの部分は,
計画詳細を記したPDFファイルへの入口になっています.

着工を伝えるAFPの記事を取り上げたニュースサイト:
10/09/2007 Tram-train Mulhouse-Vallée de la Thur : lancement des
travaux
(Moniteur-Exper ニュースへのリンク)

SITRAMの公式サイトでは,ミュールーズとタンがその入り口にあたるThur
渓谷(Vallée de la Thur)を結ぶトラムトレインは,都市交通網(réseau
urbain)と在来線(réseau ferré)が接続する形ではフランス初のトラム
トレインとなると記されています.

ご承知の通り,ドイツのザールブリュッケンから来るトラムトレインは,
終点のSarreguemines駅がフランス領ですし,昨年2006年にはパリ近郊で
開業した,SNCFが運行するT4(Ligne 4 du tramway parisien)も,トラム
トレインと呼ばれています.
前者はともかく,後者はトラム区間とトレイン区間を直通運転するという
形態ではなく,トラムの特性とトレインの特性を併せ持った形態と考えた
ほうがいいでしょう.車両はミュルーズと同じ形式が導入され,両端駅で
接続するRERが複線区間で通常は左側通行なのに対して,T4はメトロや
他のトラムと同じ右側通行です.また,踏切が交通信号機に取って代わ
られているため,電車のほうが停まることがあります.しかし,在来線を
転換しただけあって,いわゆる街中に溶け込むトラムの雰囲気とは異なり
ますし,せっかくの交直両用電車ですが,電化方式は交流のままです.
それにも関わらずT4が交直両用のトラムトレイン車両を採用したのは,
低床化が図れることと,将来の路線延長を見越して,SNCFがT4をトラム
トレインの半ばテストケースとみているからのようです.

それで,ミュルーズが実質的には,カールスルーエの流れを汲むトラム
トレインとしては,フランス初を名乗れるのではないかと思います.

話をミュルーズに戻しますが,先日ご紹介した,オランダのユトレヒト
(Utrecht)に出稼ぎに行っていた市内線用シタディス(Citadis)の画像を,
下記リンク先で見ることができます.
BLOGGER: europress 09-09-07 Nieuwe Tram in Utrecht
BLOGGER: michael simonse 09-09-07 Franse tram
(Unieuws.nl へのリンク)
2007/9/07 【ユトレヒト】9/09 ミュルーズからの来賓

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.

ミュルーズのトラム関連 過去ログ:
2006/6/17 7/04までは暫定営業?
2006/5/06 アーチを持つ電停
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | フランス I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55044411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ストラスブール】トラム延長と空港駅着工
Excerpt: フランスはアルザス地方から,トラムの話題がいくつか届いています. まずは,ストラスブール(Strasbourg)のトラム(tramway)から. 2007年8月から暫時開通している,ネットワーク(R..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-01-21 19:04

【ミュルーズ】Lohrでトラムトレイン製造中
Excerpt: アルザスのミュルーズ(Mulhouse)で進められているトラムトレイン計画で 使用される車両が,ストラスブール市郊外のデュッピグハイムにある, ゴムタイヤ式トラム(トランスロール)で知られるロール社(..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-06-09 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。