2007年09月18日

【カッセル】ウィスコンシンからの訪問客

ヘッセン州カッセル(Kassel)では,この日曜日(9/16)からレギオトラム
(Regiotram)の市内線への乗り入れ,トラムトレインの第二弾が営業を
開始しています.今度は交直両用電車が,ドイツ鉄道線とカッセル市内の
路面電車線(KVG)の相互を行き交います.
KVG: Kasseler Verkehrs-Gesellschaft AG

郊外と市内の直通運転を開始したのはRT3系統とRT5系統で,系統により
市内KVG線の走行経路が異なり,RT5と先に乗り入れを開始したRT4だけが
トランジットモールの区間を通ります.また,日に数本のみですが,今年
2007年6月新設のRT9系統も,中央駅から先の市内区間はRT5と同じ経路で
途中の車庫最寄り停留所(Hallenbad Ost)まで乗入れます.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
Start der RT3, RT5 und RT9 am 16. September 2007
(NVV RegioTram 公式サイトへのリンク)
NVV: Nordhessischen Verkehrsverbund

8月にトラムトレインの第一弾(電車とディーゼルカーのハイブリッド車を
使うRT4系統)が直通運転を既に開始しているからか,メディアがこぞって
紹介するようなことにはなっていませんが,米国ウィスコンシン州から
視察団が訪れたらしく,そのことが記事になっています.
17.09.2007 Per Regiotram nach Kassel-City und Wisconsin
(HNA Online ニュースへのリンク)

ウィスコンシン州の代表団は,RT3に乗ってHofgeismarまで往復して視察
したとのことです.それは,レギオトラムと同様のシステムを,州都の
マディソン(Madison)とその周辺への導入することを検討しているからだ
そうで,実は,カッセル周辺とマディソン地域は,地形的な? 構造が似て
いるとのことでした.

マディソン市と言えば,市長が勧める路面電車計画があることを紹介して
いたことがあります.そちらは周囲の反対で市長が計画を断念するという
結末に終わりましたが,それ以前からのライトレール計画があります.
州運輸省のサイトからたどると,カッセルのレギオシタディス(Regio
Citadis)と思われる画像を表紙に配したサイトが見つかりました.
Transportation alternatives analysis for the Dane County/Greater
Madison Metropolitan Area: Transport 2020
(Transport 2020 Project Site へのリンク)
Meetingsのページにある,November 02, 2006付けのTransit Operations
Subcommittee(PDFファイル)などに,アルストム製のディーゼルと電気の
ハイブリッド版レギオシタディスの導入を検討している様子が伺えます.

HNA Onlineの記事の中には,乗用車が重視される北米でも,徐々に環境
保護の観点から見直しが始まっているというような一節もありました.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.

前回のカッセル レギオトラム関連:
2007/8/17 レギオトラム8/19市内直通へ(2)
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。