2007年10月12日

【パリ】T3延長の進展と環状線計画の話題

すでにフランス語版Wikipédiaの項目,Ligne 3 du tramway parisienには
加筆されている話ですが,イル・ド・フランス輸送組合STIFの委員会が,
10/10にパリ市電ともいえるT3の延長計画を承認しました.
現在はパリ市南部の市境近くを走るトラムT3号線は,その周回路線を東と
北にも広げることになり,今年末と2008年の第2四半期に開かれる二回の
公開聴聞(enquête publique)を経たのち,同年の第3四半期に着工して,
2012年末の開通を目指します.
STIF: Syndicat des transports d'Île-de-France

現在のT3は東端がPorte d’Ivryですが,そこから周回道路に沿って市の
東側(12区,20区)から北側(19区,18区)に回りこみ,今回の計画では18区
Porte de la Chapelleまでの14.2キロが承認されています.
途中でメトロ各線(8,1,9,3(3 bisを含む),11,7(7 bisを含む),5,
12号線)や,RER C線,RER E線とも接続し,利用予測は一日15万5千人と
されています.

建設費は6億1500万ユーロと見込まれ,トラムの新路線には国が資金を
出さなくなったため,パリ市とイルドフランス地域圏で分担することに
なり,路線を13区までと12区-20区-19区-18区(セーヌ川を境)にわけて,
両者の負担割合は次のようになります.
Porte d’Ivry - Porte de Charenton間(13区内): 市50%,地域圏50%,
Porte de Charenton - Porte de la Chapelle間: 市70%,地域圏30%,

現在運転されている区間(Pont du Garigliano - Porte d'Ivry)では,
パリ市が30%,イルドフランスが26%で,あとは,RATP27.5%,国16%という
建設費負担内訳になっていました.
RATP: Régie autonome des transports parisiens (パリ交通公社)

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
公式発表とAFPの記事を掲載したサイトを順に並べました.
下のページの10 octobreに,今回発表分のPDFファイル版があります.
Syndicat des transports d'Île-de-France: Communiqués 2007
(STIF 公式サイトへのリンク)
10 oct 2007 ECO - Paris: le STIF vote l'extension du tramway T3
jusqu'à porte de la Chapelle

AFPの記事 (L'Agefi ニュースへのリンク)

STIFの委員で,2008年のパリ市長選にフランス緑の党から立候補している
現在はパリの交通担当の副市長は,今回承認された18区のPorte de la
Chapelleよりも延長区間を西に伸ばし,17区のPorte d’Asnièresまで
とする要望を出していましたが,これは実現しませんでした.
Porte de la Chapelle - Porte d’Asnières間は4.4キロで,その区間の
建設費は1億7500万ユーロになると見られていますが,国からの支援が
ない限り,一度には無理との判断が下された模様です.

この副市長は,下記によればパリ市内の主要6駅をつなぐ新しいトラム
路線も提言しているようです.6駅は,モンパルナス駅(Montparnasse),
オーステルリッツ駅(Austerlitz),リヨン駅(Lyon),東駅(Est),北駅
(Nord),サンラザール駅(Saint-Lazare)です.途中で12路線のメトロと
5路線のRERと連絡を図るとか.
10 octobre 2007 Denis Baupin : un tramway de Montparnasse à
Saint-Lazare ?
(Caradisiac.com ニュースへのリンク)

それが最も内側の循環線だとすれば,Caradisiac.comには,この他にも
興味深い話題がありました.市外の周回路線に関する話です.
今年上半期には半年間で1兆5160万人を輸送して3.4%の増加を記録し,
純益も1億1180万ユーロと133%の伸びを示したRATPが,市境の外側を循環
するメトロ計画線,Métrophériqueを強力に後押ししているようです.
この記事の中には計画図も載っています.
10 octobre 2007 La RATP met la pression pour accélérer le projet
Métrophérique
(Caradisiac.com ニュースへのリンク)
RATPの言い分としては,今のメトロは既に飽和状態にあり,環状ルートを
完成させて利用者を分散させない限り,これ以上は郊外へメトロ路線を
延伸することはできないというものです.

RATPは,10/02にMétrophériqueの仕様を発表していました.
Presse INFORMATIONS JOURNALISTES
(RATP 公式サイトへのリンク)
このページのDossiers欄にある,02/10/2007付けのPDFファイル12頁に
記載されていますし,フランス語版Wikipédiaの項目,Projet de métro
de rocade de banlieue à Parisに現在一部が掲載されています.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.

パリ市電 T3の関連過去ログ(2007年分のみ):
2007/6/14 ダイヤ改正でT3速度アップと増発へ
2007/1/01 T3はなぜ路面電車で建設されたか

パリ大環状線の関連過去ログ:
2006/10/10 メトロでの外環状線構想
2006/11/07 【イルドフランス】貨物線をトラムトレイン?
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | フランス I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60345820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【パリ】T3は経済的にマイナスとの報告出る
Excerpt: パリ市内を走る路面電車としては69年ぶりの復活になる,市南部を走る トラムT3が2006年12月に開通して早くも一年余が経ちます.昨年12月の 時点で一日の利用客が平均10万人に達し,路線バス(PC1..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-01-27 12:15

【パリ】トラムT2とT3の延長計画が進展中
Excerpt: パリ市の西隣りにあるオー=ド=セーヌ県(Hauts-de-Seine)を走るトラム T2号線に,新しい装いの車両がお目見えしているようです. T2には,開業当初はアルストムのTFSが導入されていまし..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-12-17 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。