2007年10月16日

【グラーツ】シュタットラーが受注を正式発表

シュタイアーマル州(オーストリア)のグラーツ(Graz)が低床車45本を増強
するに際し,グラーツ市内をデモンストレーション走行した実績があり,
本命と目されていた100%低床車両のULFを売り込むシーメンスではなく,
GVBはスイスのシュタットラーを選ぶとの報道が,今年8月にありました.
GVB : Grazer Verkehrsbetriebe (Grazer Stadtwerkeの交通局)

それに対してシーメンスは公式に抗議していましたが,内容を審議して
いた独立行政審判院(UVS)が申立てを先週退けたため,シュタットラーの
正式受注が決まった模様です.それを受けて公式発表も出されました.
UVS: Unabhängigen Verwaltungssenat

GVBに導入されるのは,100%低床車のバリオバーン(Variobahn)45本で,
シュタットラーレール(Stadler Pankow GmbH)との契約は,9700万ユーロ
になるそうです.第一号がお目見えするのは2009年で,2015年までに全車
納入が予定されています.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
晴れて受注を発表できたシュタットラーレールの公式発表:
15.10.2007 Größter Straßenbahn-Auftrag für Stadler Pankow
(Stadler Rail 公式サイトのニュースへのリンク)
一般の報道(Deutsche Presse-Agenturが記事を配信):
15.10.2007 Größter Straßenbahn-Auftrag für Stadler Pankow
dpaの記事 (Berliner Morgenpost ニュースへのリンク)

UVSの決定で,シュタットラーの受注が確定したと伝える記事:
11.10.2007 Freie Fahrt für Variobahn
12.10.2007 Tram-Auftrag: Aufregung bei Siemens
(Kleine Zeitung ニュースへのリンク)
12. Oktober 2007 Jubel in Berlin über Grazer Millionenauftrag
Stadler Rail: "Variobahn kein Außenseiter"

(derStandard ニュースへのリンク)

抗議は,主にバリオバーンが実績に乏しいからということのようです.
Siemens AG Österreichの発表がありました.詳細はこちらを.
24.08.2007 Siemens Österreich erhebt Einspruch im Vergabeverfahren
"Niederflurstraßenbahnfahrzeuge für Graz"

(PR-Inside.com へのリンク)

確かにシュタットラーが手掛けたバリオバーンは,漸くニュルンベルクが
発注した分がシュタットラーの工場内の試験線で走りはじめた段階です.
しかし,Adtranz時代にはドイツのケムニッツ,ヘルシンキ,シドニー
などに販売されて活躍しています.
Adtranz : ABB Daimler Benz Transportation

シュタットラーとして第一号となる,ニュルンベルク向けバリオバーンに
関する記事が先日ありました.画像も掲載されています.
ベルリンPankow区Heinersdorfにある同社工場は,元Adtranzの工場です.
ニュルンベルクのVAGは,車齢30年になるN8タイプの置換え用として,
100%低床のバリオバーン(GTV6)を来年から8本導入します.
VAG: Verkehrs-Aktiengesellschaft Nürnberg

13.10.2007 Viel Licht, Platz und modernste Technik
Nürnberg bekommt acht neue Straßenbahnen
(Nürnberger Zeitung ニュースへのリンク)
この記事はバリオバーンの紹介記事と言っても過言ではないほど詳細が
記されています.それによれば,バリオバーンのコンセプトは1990年代の
Wagon Union GmbHに遡るとか.同社はその後,ABBを経てAdtranzの傘下
となりますが,ボンバルディアのAdtranz吸収に際しては,この分野で
独占的立場にならないように?,バリオバーンの技術はシュタットラーに
2001年6月移管されるに至ったそうです.

すでにボンバルディア(Adtranz)の低床車を多数所有するニュルンベルク
VAGがシュタットラーを選んだのも,シーメンスやボンバルディアより
価格が安かったからだったとか.また,100%低床化の実現にギア不要の
車輪一体型の非同期電動機を採用しているため,保守費も軽減できると
考えられています.このハブモータ(Radnaben-Motor)もPankowの開発と
記事にあり,1995年に特許が取られていました.
5448953 Running gear unit for low-floor rail vehicles
Assignee: ABB Henschel Waggon Union GmbH (Berlin, DE)
(PatentGenius へのリンク)

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.

グラーツ関連 過去ログ :
2007/8/11 低床車45本の発注先が決定か
2007/3/24 ウィーンの中古で急場をしのぐ
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | オーストリア このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60971875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【グラーツ】バリオバーンはシルバーアロー?
Excerpt: シルバーアロー(Silberpfeil)と言っても自動車の話ではありません. 鉄道の世界でも,ドイツ語で銀の矢を意味するSilberpfeilで呼ばれる 車両がドイツ語圏に幾つかあります.オーストリア..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-07-04 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。