2007年10月30日

【フランス】1500キロのトラム路線網構築へ

先週の話ですし,日本でも新聞報道されている内容ですが,フランス政府
では今後,延長1500キロに及ぶ路面電車(tramway)路線網を新たに構築
することになると,環境会議で宣言していました.

これは,環境グルネル会議(Grenelle de l'environnement)がフランスで
先週開かれていて,会議半ばでも伝えられていたものですが,最終日に
現共和国大統領(Nicolas Sarkozy)が,バローゾ欧州委員会議長や二人の
ノーベル平和賞受賞者(アル・ゴア氏とワンガリ・マータイ氏)らを前に
演説した際にも言及したことが,世界各地で報道されました.

大統領は,フランス政府の都市交通整備への消極的な姿勢は間違いだった
として,これからは方向転換し,トラムだけではなく路線バスや自転車の
専用車線の増設にも国が力を入れていくことになります.これらに必要と
される170億ユーロのうち,国が40億ユーロを負担し,引き換えに高速
道路や空港の新設が今後は凍結されます.

この件に関する報道では,2007年現在フランス国内のトラム路線は合計
329キロとしています.フランス語版WikipédiaのListe des tramways de
Franceの項目にあるリストを合計すると,これはゴムタイヤ式トラムや,
11/17に旅客運転を開始するル・マンと同11/24のニースを含む,2007年末
のものになるかと思われますが,447キロでした.
1500km全てがトラムで建設されるのかどうか不明なものの,2008年初めの
総延長の3倍以上の規模になることになります.ただし,その達成時期は
明らかにされていません.また,大統領はパリのあるイルド・フランス
(Ile-de-France)以外の地域で1500kmと語った模様です.

この他にも交通機関関係だけで,高速鉄道(TGV)用の路線(LGV)を2020年
までに2000キロ新設したり,フランス国内を主に南北に縦断する欧州内の
貨物輸送を,トラックから鉄道への移行を促すための投資も行われます.
LGV: Ligne à Grande Vitesse

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
24 octobre 2007 Grenelle: la construction d'autoroutes et
d'aéroports est gelée

(Libération ニュースへのリンク)
26/10/2007 Grenelle de l'environnement : le discours de Sarkozy
suscite de nombreuses réactions de satisfaction

(Actu-environnement.com ニュースへのリンク)
29 octobre 2007 Grenelle de l'environnement : les transports
alternatifs ? Une des priorités !

(Caradisiac.com ニュースへのリンク)
この他にも多言語に及ぶ膨大な数の記事がありました.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.

関連過去ログ:
2006/1/31 LRTブームは2007年も
2006/9/10 30年ぶりに車の交通量減少へ
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | フランス I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【フランス】グルネル法案で1500キロのTCSP
Excerpt: 昨年の10月,パリで環境グルネル会議(Grenelle de l'environnement)と 呼ばれる討論会が開催され,世界中から環境保護に熱心な人たちが集い, その締めくくりには,フランス大統領..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-10-23 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。