2008年01月06日

【カルベストン】トロリー季節運行も視野に

ヒューストンの南東約80キロの,メキシコ湾の湾岸に沿った砂州の島に
位置する人口5万7千余りのガルベストン市(Galveston)には,1988年に
カルベストン・アイランド・トロリー(Galveston Island Trolley)と呼ば
れる路面電車が開業していました.
これは半世紀を経ての市内軌道の復活で,往時の面影をしのばせるかの
ような旧式外観のレプリカ車両が走り始めたのですが,大きな違いもあり
ました.路面の軌道には架線が全く張られていなかったのです.今なら
バッテリで走る車両も開発されていますが,20年近くも前にはもちろん
存在せず,ディーゼル発電機を搭載していたのでした.つまり,電気式
ディーゼルカーが道路上を自動車と一緒に走っているのです.

路線は,ヴィクトリア朝風の建物が多く残る米国国定歴史建造物に指定
されたストランド地区(The Strand)から,東西に細長いガルベストン島を
南北に縦断しメキシコ湾岸に面したシーウォール海岸(Seawall)までで,
主な乗客は観光客でした.
その後,2004年にはストランドの東方にあるテキサス大学医学部(UTMB)
キャンパスに至る路線が建設され,翌年には開業して地元の足としても
機能し始めます.学生や患者らは証明書があれば運賃無料です.
UTMB: University of Texas Medical Branch
さらに,UTMBから南のシーウォール海岸(Seawall)への延長計画もあり,
連邦政府から昨年末のオムニバス(相乗り)支出法案で,延長用予算として
200万ドルが出ていました.

しかし,ガルベストン市内の路線バスとこのトロリーを運行するIsland
Transitを所有し運営している市の表情はさえないようです.
市長は1月下旬にも,これまで通年運行してきたトロリーを,季節運行に
後退させる可能性について語りたいとしていることが,今回報道により
明らかにされました.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
January 4, 2008 Trolley expansion plan derailed
(The Galveston County Daily News ニュースへのリンク)

建設に際して,市は連邦政府から1050万ドルの補助金を受けています.
その後も20年近くにわたり,総額1600万ドルを設備改善のため受け取って
いるとされていて,それらを使用した以上,耐用年数が切れる30年間は
運行しなければなりません.それ以前に廃止するとなると,受け取った
補助金を連邦政府に返金する必要があるのです.
ガルベストン市は,市議会が返金しようとしない限り,トロリーを廃止
することはなさそうですが,何とかトロリーの支出を食い止めたがって
います.

今年で運転開始から20周年を迎え,耐用年数とされる30年間まで10年を
残していますが,車両や軌道は既に相当くたびれてきているとか.車両を
製造したメーカは今や存在せず,二人の専任技師が何とか二台の車両を
動かせる状態に保っている状態だそうです.車両の置換えには一台百万
ドルはかかるとされ,もちろんそのような余力は市にはありませんし,
UTMBから南の延長計画も,もはや考えられていない状態です.

利用者数も年々減少してきました.今回の報道によれば,大学への延長が
行われた2005年には年間43261人だったのが,2007年には同31457人にまで
落ち込んでいます.これは4万人余が利用していた延長前の2004年よりも
悪い数字で,APTAのデータによれば2003年には5万人台でした.
APTA: American Public Transportation Association
Public Transportation Ridership Statistics (APTA へのリンク)

この急激な利用者数の落ち込みは説明されていませんが,四台所有して
いるうち二台しか稼動できず,シーウォール方面(Seawall Trolley)は
今や一時間ヘッド,大学方面(UTMB Trolley)でさえ30分ヘッドでしか運転
できないことや,この1/02にも軌道工事で終日全面運休となったそうで,
このような不定期な運休があることも原因になっている模様です.

延長用に受け取った連邦予算を車両や軌道の修理に使い,より定期的に,
また運行頻度を高めることで,利用促進を促そうとする考えが出ている
一方で,経費節減で更なる減便を求める声もあがっているそうです.

時刻表と路線図へのリンク: Island Transit Trolley Schedule
(Island Transit 公式サイトへのリンク)
PDFファイル版の地図には,海岸への路線が20分間隔,大学への路線が
15分間隔と記されています.以前はそうだったのでしょう.観光客が主に
利用する海岸への路線は始発が10時台後半,大学への路線は朝7時台後半
からで,いずれも終電は17時台です.

Creative Commonsで利用できる画像がありましたので貼り付けておきます
Trolley Line Celeb? (by kalebdf flickr)
Trolley Line Celeb?
Taken on March 17, 2007

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 米国中部 I このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76831672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ガルベストン】アイク襲来後のトロリー現状
Excerpt: メキシコ湾沿いのガルベストン市(Galveston)は,2008年9月に襲来した ハリケーン アイク(Ike)の上陸で,高波による浸水の被害を蒙りました. 1988年から運行を開始していたレトロな趣..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2009-07-02 12:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。