2008年01月09日

【ニース】県内共通切符を2月から導入へ

フランス本土の南東に位置するアルプ=マリティーム県(Le département
des Alpes-Maritimes)では,2008年1月01日から県内の一部運行事業者を
除く全ての路線バスで,連続した2路線であれば2時間30分以内の移動に
限り1ユーロという破格値の切符,アジュール・チケット(Ticket Azur)を
導入しました.記事によれば,県内の異なる事業者間にまたがる切符は,
フランスでは初めてとのことです.

アルプ=マリティーム県は,プロバンス=アルプ=コートダジュール地域圏
に属していて,163のコミューン(communes)(最小単位の自治体)があり,
コミューン共同体を形成しているところもあります.4つのコミューン
共同体(la communauté d'agglomération)の中には,こちらでも何度か
登場しているCANCAがあります.
CANCA: Communauté d'agglomération de Nice-Côte d'Azur

ニース・コートダジュールのコミューン共同体CANCAは,ニースを中心と
した共同体で,2007年11月には域内初のトラムウェイも開業させました.
しかし,冒頭で一部を除きと書いたのは,実はこのCANCA内の路線バスの
ことだったのです.CANCAでは,Veolia Transport傘下のST2NがLigne
d'azurとして,路線バス96路線とトラム1路線を運行しています.
Ligne d'azur: transports en commun de l'agglomération Nice Côte
d'Azur

2007年9月にアルプ=マリティーム県の議会が1ユーロの県内統一切符の
導入を決めて以来,CANCAでも導入の是非が問われましたが,これまで
3回却下されてきました.
今年から隣接地域でTicket Azurが使えるようになり,CANCAだけが取り
残された格好でしたが,県から負担軽減の提示があったらしく,CANCAの
トップがLigne d'azurでもTicket Azurを使えるようにすると発表した
ことが,今回明らかにされました.2月半ば(2/15)から有効だそうです.
中心部の道路混雑緩和が期待されています.

Ticket Azurは,これで晴れてアルプ=マリティーム県の全域で有効の統一
切符と言えるようになります.
ただし,Ticket Azurは購入できる場所が限られている上に,CANCA内の
普通運賃は1.30ユーロのままで値下げしないため,遠距離より近距離が
高くなるというねじれ現象が生じてしまいます.
また,CANCAの予算では今年からの導入を織り込んでいなかったために,
トラム2号線建設計画などが担保になる可能性がある模様です.

(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
08 janvier 2008 Transport en commun : la CANCA se rallie au
ticket à 1 euro
(RivieraBiz.com ニュースへのリンク)
08-01-2008 La Canca adopte le ticket de bus à un euro
(Metro France ニュースへのリンク)
RivieraBiz.comのページには,これまでの経緯を知るための関連記事への
リンクがあります.
Metro France紙の記事によれば,1.30ユーロの切符を買っている利用者の
割合は,Ligne d'azur全体の30%のようです.

Ligne d'azur 運賃のページ(英語版) Fares > You travel occasionally
(Ligne d'azur 公式サイトへのリンク)
SOLOと呼ぶCANCA内のみの1回乗車券は,今後も1.30ユーロのままです.

次のページでは,Ticket Azurの利用方法などが紹介され,最後に2006年
当時の運賃を掲載して,それが全て1ユーロ(1か月間なら30ユーロ)になる
ということを,強調しています. Ticket Azur
(Conseil général des Alpes-Maritimes 公式サイトへのリンク)
例えば,2006年1月には6ユーロ(月間なら135ユーロ)したニースとカンヌ
間の路線バス運賃が,Ticket Azurを買えば1ユーロ(月間なら30ユーロ)
となりますが,Ticket Azurの販売場所はニースでは2か所だけです.

関連過去ログ:
2007/12/22 【ニース】【ルマン】開業一ヶ月後の状況
2007/11/27 トラム開業二日で18万人が体験
2007/9/11 9/19【フランス】各地一斉に公共交通の日に

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77431046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。