2008年05月03日

【ブレスト】2012年開業予定のトラムデザイン

フランス西部の大西洋に突き出すブルターニュ半島の先端部に位置する
軍港の街ブレスト(Brest).14万5千人余が暮らすブレストと,それを囲む
都市共同体Brest Métropole Océaneまで範囲を広げても人口21万強です
が,専用敷地を持つ都市交通の整備が鉄軌道のトラムで決まっています.

延長15キロに及ぶ最初の路線は2012年には開業する予定で,この4月には
車両デザインの発表がありました.まず先に内装のデザインが選ばれて
います.リヨンに本拠をおくフランスでも名高いデザイン事務所の一つ,
Avant-Première Design Graphiqueの手によるものです.
同社は,ニースのトラム車両や,アルストムが発表している新しいトラム
トレインCitadis-Dualisを手掛けているだけでなく,TGVやパリのメトロ
車両なども携わっているそうです.

5/20には外観も発表される予定で,限られた人数ではあるものの,一部の
一般市民も一票を投じることができる投票で,最終決定されるそうです.
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
03 mai 2008 « Le tram de Brest aura une longueur d'avance »
(Maville.com ニュースへのリンク)

内装は,公式サイトのブログでも画像で紹介されています.
30 avril 2008 Voyage à l’intérieur du futur Tram
(Le blog du tramway de l’agglomération brestoise へのリンク)

Maville.comの記事にもありますが,横長の大きな窓,座席の色使い,
昼と夜で変化する照明が際立っています.
座席は,ネイビーブルー,トニックグリーン,ラズベリーレッドの三色が
使われて,シート幅が大きくとられています.これは,乗客の乗り心地を
向上させるためで,横に2列と1列の配置にするほどです.脇の棚には,
ノートパソコンなどを置けるようにしているのだそうです.

さて,現在準備中とされるトラムの外観は,5/20から5/29まで市庁舎で
一般公開されるそうです.
港町ブレストのトラムということで海をイメージするものの,船の形状は
持たせずに,シンプルで,ピュアな,いつまでも飽きられないデザインに
するようです.マルセイユのトラムとは異なる雰囲気になるでしょうか.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | フランス II このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ブレスト】トラムのデザインに9つの候補
Excerpt: すでに内装デザインが発表されている,フランス西部ブルターニュ地方の ブレスト(Brest)と周辺都市共同体が導入するトラムの,今度は外回りの デザイン候補が公開されています. 今はgoogle.fr..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-05-23 12:00

【ブレスト】トラム共同購入【ディジョン】
Excerpt: フランス西部 ブルターニュ地方 ブレスト (Brest) 市内人口約14万5千,周辺共同自治体まで含めると同21万3千余 =ブレスト・メトロポール・オセアン(BMO: Brest M&#23..
Weblog: 海外LRTニュース・ひろい読み
Tracked: 2008-11-28 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。