2008年05月22日

【ルクセンブルク】ライトトラムのルート案

昨年6月からTGVでパリと2時間少々で結ばれたルクセンブルクの駅前に,
2015年にはトラムが乗り入れているかもしれません.
ルクセンブルクには,1990年代からトラムトレイン構想がありましたが,
なかなか話を前に進めることができませんでした.しかし,数年前からは
ライト・トラム(tram léger)という形で議論と検討が重ねられ,このほど
LuxTramのルート発表となったようです.

第一期区間は,見本市などの会場LuxExpoがあるKirchberg地区と,市の
中心地にあるバスステーション(Hamilius),そこからやや南にある鉄道の
中央駅(Gare centrale)の間を結びます.
費用は1億5千万ユーロと見込まれ,路線長は記述が見当たりませんが,
ルートに沿って地図上で測ってみると7キロ前後でしょうか.停留所数は
13となっています.

2020年までに公共交通のシェア25%を目指すmobil 2020計画の中にある,
ライトトラム計画(Le projet tram léger)には,中央駅から,南西に位置
するCessange地区への路線も含まれますが,それは第二期だそうです.

ルクセンブルク大公国政府からの発表と報道:
(外部リンクは新しいウィンドウで開きます)
20-05-2008 Présentation du tracé retenu pour le tram léger à
Luxembourg
(Gouvernement du Grand-Duché de Luxembourg へのリンク)

ドイツ語 20-05-2008 LuxTram bringt große Veränderungen
(Luxemburger Wort ニュースへのリンク)
英語 21-MAY-08 LuxTram project to cost 150 million euros
(The Station Network ニュースへのリンク)

英語の記事は架線集電か,軌道から集電かの選択肢があるようなことも
記しています.

誤訳や誤解で内容が間違っていましたら,ご容赦ください.
posted by NeiTech at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベネルクス このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。